Contributed by anna magazine

By / mar.15.2019






「愛のある人と作品を作る。それが私を成長させる」


「この世界に入ったきっかけは自発的ではなかった。でも数年前から、おばあちゃんになってもきっとこの世界にいるな、いたいな、と思ったんです」

雑誌の専属モデルとして活躍した後、本格的に女優の道へ。今や映画や連ドラで独自の個性を発揮する橋本愛さんは、いつでも自分に正直だ。揺れ動く感情にとまどいながらも、“私”を大切にする。


Tシャツ ¥2,400
中に着たTシャツ ¥2,900
ハイライズワイドレッグデニム ¥6,900
ベルト ¥3,900

「迷子になっていた時もあります。その時は目的地も分からないし、どう進んでいいかも分からなかった。でも、自分の好きを見つけたら、コツコツとハードルを超えていく感覚が生まれてきたんです。以前は感受性の部分に重きを置いていて、映画や本などの芸術に積極的に触れていただけだったけれど、表現者としてはフィジカルな部分が同じくらい大切。だから今は、養った感覚をきちんと表現できる身体と頭を鍛える努力をしています。映画を作る人たちのパワーはすごい。彼らを尊敬するし、その現場にいる時が一番の幸せです」


Tシャツ ¥2,900(メンズアイテム)
中に着たTシャツ¥2,900(メンズアイテム)
カーキペーパーバックスカート ¥7,900

モデル時代も、服をみせることに意識を向けるよりも、その服を着た“誰か”を想像することの多かった橋本さん。彼女の中でモデルと女優の境界線はなく、どちらも演じるもの。過去に落ち込むことがあったとしても、それもすべて今の自分の表現につながる。ポジティブに、だけど少し客観的に。そのリアルな感覚が今に生きている。

「実は歌と踊りが大好きなんです。身体は驚くほど硬いんですが......。でも、せっかく欲求があるなら満たしてあげたい。自分を否定しない。それが、私らしさかもしれません」

GAP MOMENT. そのままが、かっこいい。

 

橋本愛/1996年、熊本県出身。2008年に芸能界デビュー。女優業を中心に活動する中、雑誌「SEVENTEEN」の専属モデルも務めた。多くの話題作に出演し、2013年には数々の映画賞を受賞。NHKの連続テレビ小説や大河ドラマ、多くの映画作品に出演し活動の幅を広げる。今後の活躍が注目されている。

Photograph: Kazuhiro Fujita
Text: Akemi Kan
Styling: Naomi Shimizu
Make-Up: Masayo Tsuda (mod’s hair)
Hair: YUUK (W)


GAP MOMENT. そのままが、かっこいい。
TOPページ






Tag

Writer