What is falafel?

Text & Photo by Anna Koshizuka

Local / aug.16.2018


むむっ、 泥団子じゃないかって?
たった今揚げたての”ファラフェル”。ちょっと試してみて・・・

今日の内容は、タイトルそのまま。
日本の皆さん「ファラフェル(Falafel)」って知ってますか?
Containerの読者さんならば、もう「大好き!」と答えるかもしれませんが、
念のために解説。 Falafelは中東で生まれ、すりつぶして練ったひよこ豆を揚げた100%植物性のコロッケで、ベジタリアン に人気の料理。
筆者は初めてフランス・パリのマレ地区で、このコロッケが白いマヨネーズソース、野菜と 一緒にピタパンに挟まれたボリューム満点のFalafelサンドイッチの美味しさに目覚めました。
今回はニューヨーク・ワシントンパークのローカルで賑わう「Mamouns’」に潜入。 ファストフードとしてすっかり愛されているFalafelを、旅先で再確認しました。

おじさんの似顔絵マークがシンボリックな店の前、時刻は午後1時を過ぎる頃。
おなかが空いたワシントンパーク周辺のGuysが徐々に集結。


店に入ってまず目に入るのは、この光景。
オーダーに並ぶ人、受け取りを待つ人、その脇でムシャムシャ食べる人。


ようやくメニューの看板が近づいて来て、どれどれ、何にしようか・・・と考える。
上ばかり見ていると、あっという間に先頭に来て、店員さんに答えを急かされるのでご注意を。


目当てのFalafelをオーダーしてひと安心。次々注文をさばくスタッフさん、長蛇の列に隠れていたけれど 厨房の店員さん達、熱気の中、大変そうだ・・・と、調味料の陰からこっそり眺める。



さて今回は「Falafelってどれのこと?」を皆さんにお伝えするため、あえてFalafel単品(冒頭の写真)をオーダー。そこでFalafelサンドイッチを食べていたGuys数人にプチ・インタビューしてみました。



こいつがどうかって? もちろん旨いよ、こっちは。俺の方は取材に来なくてもいいけれどね。

また、この日は久しぶりの晴天に恵まれ、お店のすぐ向かいの階段でサンドにかぶりつくGuysも。



日本から初めて来たのかい?僕らここの常連だよ。
当たり前のように食べに通ってるね。



今揚がったばかりで、表面の油がピチピチした、ちょっと無骨なコロッケ・ボールを齧ってみれば・・・ 外はザクッ、中はほっくり。ここ「Mamouns’」のコロッケの中は、緑の豆色がユニーク。豆の甘みと、 スパイスの辛みが相まって、ベジタリアンってこんなに美味しいものだったの? とびっくりするでしょう。



1971年創業の老舗「Mamouns’」は、アメリカ国内9店に広がり、ニューヨークでも各エリアで、 イーストビレッジ店ではUBER Eatsでもこの味に出会えるそうなので、 あなたに会ったロケーション&オケージョンで、是非試してみて下さい。

http://mamouns.com/
Mamoun's, 119 Macdougal St, New York, NY 10012

Tag

Writer