Tasha Chapman

フロリダから発信する ハンドクラフト。

Contributed by anna magazine

People / nov.15.2017



かわいいビキニやウエットスーツは増えてきたけど、ガールズサーファーを満足させてくれるサーフボードケースは少ない。ボードと同じように、お気に入りのケースがあれば、サーフィンをするのがもっと楽しくなるのに……。そんな風に思ったことはない?そんな気持ちを実際に形にしたのが、アメリカ・フロリダで「Chapmanat Sea」というブランドを展開するTasha Chapman。同じくサーファーであり、優れたダイビングのスキルも持つ旦那さんのJoeと一緒に作るアイテムは、柔らかな2人の雰囲気そのもの。パステルカラーや独自のパターンを使ったボードバッグは、すべて2人によるハンドメイドだ。





「4年前に祖父の使っていた軍モノのダッフルバッグを譲り受けたの。それは丈夫でヴィンテージならではの味合いがあり、自分たちの好みにぴったりだった。ショップにはなかなかそんなボードケースもないから、自分たち用に作ってみようと思ったのがきっかけよ」



もともとアーティスト&イラストレーターとして活躍していた彼女は、早速ボードケース作りにチャレンジ。古いミシンを使い、ひとつひとつ丁寧に仕上げることで、とても満足できるものができた。その後は、同じ手法で完成させたビーチバッグやトートバッグも販売。Free Peopleとのコラボレーションボードバッグも話題を呼んだ。



「サイズや好きなデザインを選んでオーダーすることもできるよ。日本にも何度か発送したことがあるの」とTasha。ちなみに、2人が暮らす自宅兼アトリエは海の目の前。



「メジャーなサーフポイントまでは30分以上はかかるけど、自宅の前にも波が立つことはあるわ。そんな日は貸切りでサーフィンできるの。最高よ!」

profile
「Chapman at Sea」のアイテムは、カリフォルニアやフロリダのセレクトショップで展開中。日本からはオンラインショップでも購入することができる。Joeはハンドプレインも制作。こちらも気になる。http://www.chapmanatsea.com

写真:相馬ミナ/文:菅 明美

Tag

Writer