Amanda Gilbert

自分の世界観をヴィンテージ クロージングで表現したい。

Contributed by anna magazine

People / nov.15.2017



生まれはロサンゼルスだけど、テキサス州のダラスで育ったの。けど、ファッションスクールに通うためにロサンゼルスに戻ってきたわ。子どもの頃からずっとファッションには興味があったから。自分の洋服をクローゼットから取り出してきてはコーディネートしてみたりしてた。本当はニューヨークに行きたいって思っていたのよ。ファッションといえばニューヨークだから。でもハイファッションより、スケートボードやサーフィンが好きだったから、もっとリラックスしたファッションの方に興味あった。



アートスクールを卒業して、あるウェブサイトの会社に勤めたの。会社勤めのときからずっとヴィンテージの洋服を集めては売っていた。そして半年前、これを自分のキャリアとしてやっていこうって決めた。自分にとっても新しいビジネスね。それまでサイドビジネスとしてやっていた方法とはまるっきり変えて一からすべて考えなければいけないから、まだ始まったばかりのこのヴィンテージクロージングのサイトをどのくらいの規模にしたいとか、どういう方向性にするとか、毎日模索しているわ。



ロサンゼルスは私にとってとても過ごしやすい。きれいな海もあるし自然もある、それでいて都会だから、いろいろな楽しいことも多いしね。自分が始めたヴィンテージクロージングのビジネスもロサンゼルスだからこそやれていることだと思っているわ。これからこの新しいビジネスをもっと大きなビジネスとしてやってくのが夢。あとは、ありきたりだけれどもっと旅ができたらいいなって思うわ。いろいろなところに行ってたくさんの経験がしたい。世界は本当に大きいんだって自分の足で確かめたいのよ。

Profile
ロサンゼルス生まれ、テキサス州ダラス育ち。現在ロサンゼルスに在住しながらサイドビジネスとして運営してきたヴィンテージクロージングのサイト「dry vtg and」を本格的にオープンさせた。古着に対する彼女の世界観やセンスが詰まっているサイト。これからもとても楽しみ。  dryvtgand.com

写真:Ken Goto/文:竹村 卓

Tag

Writer