GIRLS, GO WEST! #3

海をまたいだ友達

Hong Kong 3/8

Photo&Text: Kana Oya

Trip / jun.07.2018

それでも夜にはグループディナーを予定していて、クタクタの私たちは行かなきゃいけないのは分かっていながらもウダウダし続け、結局 遅刻した。

香港に行ったら絶対に行った方がいいと言われているヤードバードに着くとレセプションに知ってる顔が。

日本で一緒に仕事をしたことがある香港ベースメディアのボスだ。
後から聞いたところによると彼女もここの経営者の一人らしい。

母である彼女は自分の会社を持つキャリアウーマンで、こんなに流行っているレストランの経営者でもあるなんてかっこよすぎ。

同じ女性として成功している人を見ると自分ももっと頑張らなくてはと毎回いい刺激をもらう。



その日のメンバーはメンズのストリートファッションが好きなら必ず耳にしたことのあるブランドのブレーン達。ファッションに携わっている身として、いつもとは違うベクトルでファッションの話が聞けて楽しかった。

なかなかない機会に、やっぱり成功しているのには理由があるんだなと身が引き締まる思いがした。

そしてヤードバード本当に美味しかった。

素敵な内装とフランクな店員さん達がお客さんに促されて一緒に飲んだりしてレストラン全体のエネルギーがとても良い。

くくりとしては焼き鳥屋さんなのだけど、フュージョン系でいわゆる「焼き鳥」って感じじゃない。
それ以外のメニューも豊富だ。

私はお肉を食べないから食べられるものが限られていたけど、味付けが最高で香港に来る時はまた来たいと思う。



そのあとはBeats by Dr.Dreのパーティーへ。

ここで一回 思い出して欲しいのが、私 今朝 現地入りしてます。
ハードスケジュールすぎる(笑)

会場に入ると結構 暗くて正直ちょっと安心した。
気を抜いていると「KANA」と声をかけられる。

振り向くとレストランで会った彼女と同じ撮影で一緒になったスタイリストだった。
2日にわたるボリュームのある撮影で、クルーとは仲良くなっていたから会えて嬉しかった。



今回の旅ではなぜか海外にいる友達のことを考えることが多かった。
香港でいろんな人に会ったからかもしれない。

海をまたいで友達になる人との縁には不思議なエネルギーがあると思う。
自分の国ではないという不安混じりの開放感と帰国という時間の制限があるからなのか、ぎゅっと仲良くなる。

一回しか会ったことがなくても毎年誕生日にメッセージをくれたり、互いに会いに行ったりとその付き合いは長いものになることがほとんどだ。

その夜は立ったまま寝そうになりながらも、なんとか乗り越えて倒れ込むようにしてベッドに入った。

過去記事はこちら↓
Girls Go West ! #1 「はじめての香港」

Girls Go West! #2「Art Basel」

Tag

Writer