マンハッタンに行ってみた。

IMAGINATION TRAVEL#3

マンハッタンに行ってみた。

Photograph(TOP):Kazuhiro Shiraishi

Trip / jun.13.2018

旅に不慣れな男が、旅の予行練習をするために、ストリートビューを使ってまだ行ったことのない土地へ妄想旅『IMAGINATION TRAVEL』に出るこの連載。第1編は、魅力的かつ魅惑的なビッグシティ『ニューヨーク』へ。3回目となる今回は、マンハッタンに行ってみた。

イメージ通りの街並みに
足りないものと不思議なところ。



馬にまたがるセオドア・ルーズベルト大統領のブロンズ像が入り口にあり、荘厳な雰囲気のあるアメリカ自然史博物館。ここには、動植物、鉱物など自然科学・博物学に関わる多数の標本・資料が所蔵され、大きな恐竜の骨格標本が展示されていたりする。

ここから少し北へ進みながら、マンハッタンの街並みを散策することに。セントラルパーク・ウェスト通り沿いにはオフィスビル?のような粛々とした建物が並び、一本路地に入れば、「マンハッタンってこういうところだよね」というイメージ通りの街並みに変わる。

赤茶色の建物、
車がズラーっと並んだ路上駐車の光景、
2階でも地下1階でもない中途半端なところに位置する建物の入り口、
どれも頭で描いていた景色そのもの。



これはきっと、旅慣れた人なら当たり前のように知っていることなんだろうけど、洗濯物を道路に面したところには干さないんですね。日本の街並みと比べて、なぜか人の暮らしが見えてこないなと思っていたら、街に洗濯物が足りていなかったみたい。

ここで一旦。
ストリートビューを開いていたSafariの画面にタブを1つ追加して「アメリカ 洗濯 外干し」と検索。どうやら、景観を損なう、乾燥機を持つことが普通で“良い暮らしのステータス”となっている、との理由からとのこと。アメリカで日本人が外干しして「貧乏人! 出て行け!」とクレームがきた。なんてことも書き込まれていました。でも、最近は電気使用量削減の観点から「洗濯物を外に干そう」という運動も起きているんだとか。

「ふーん」と思いながら、再びストリートビュー画面へ。



三輪ベビーカー。日本でもちょくちょく見るようになったけど、やっぱりアメリカではこれが主流みたい。

車道の中央に街路樹が植え込まれたブロードウェイ通りを進んでいるとこんな景色が。



交通量の多い車道の真ん中にベンチ。休んでいる人はいるみたいだけど、くつろげないような……。信号待ちの間に座るとしてもほんの数分のことだし、知人との待ち合わせ場所には不向きだろうし、お弁当を食べるには廃棄ガスが気になるし、景色がいいわけでもないだろうし……。ここで暮らす人たちは、このベンチをどのように使っているのか不思議。



シンフォニースペース前にあるベンチは結構人気みたい。

映画や雑誌で見ていた街並みがあって、可笑しい発見もあった。マンハッタンはやっぱり面白い街なんだろうなと思う。いつかこのベンチに座って、マフィンでも食べながら街行く人をじっくり観察してみれば、また新しい不思議な発見ができる気がする。

次は、シンフォニースペース前からニューヨーク大聖堂方面へ向かおうと思う。

Tag

Writer