To Me, Somewhere in the World #8

ただいま東京!

Contributed by Ai

Trip / sep.18.2020

2020年3月、会社を辞めて世界一周の旅に出る……はずだったAiがいつか夢を叶えるお話。笑いあり涙あり(?) 、蛇行しまくりな人生を連載「To Me, Somewhere in the World」にてシェアしていきます。ここからどう起死回生していくのか、ぜひ見届けたい。乞うご期待!

#8

ただいま東京!

さて、前回から2週間が経ちました。

私の現在地はというと……なんと、東京に戻っています!
それまでに福井、金沢、岐阜、富山など色々挟んでいるのですが、東に戻ってきて興奮しているので今回は東京での話をします。

4か月ぶりの東京。

え、まだ4か月しか経ってないの?

5か月前まで普通にオフィスで仕事していたの!?

この数か月で気が遠くなりそうなステイホーム期間、退職、フリーランスとしての新しい仕事、ノマド生活のスタートなど環境の劇的な変化を経験したので、もう1年以上経過しているような気分です。

なかなかのスピード感で生きているなぁと自分でも笑っちゃう。

こちらに来て気付いたことは、東京は自分にとって思っている以上に「ホーム」になっているということ。

東京駅の景色を見た時、思わず「帰ってきた……」とほっとしてしまいました。
まだまだ地元にいる時は帰省気分、ゲスト気分なんですよね。
まぁ、田舎育ちなので中身はずーっとシティウーマンになりきれていないと思うけど(笑)。

大好きなサンフランシスコ発のBlue Bottle Coffee。東京と京都にしかない。


東京のディープなまち、高円寺。

今回は友人の結婚式に参列するために戻ってきたのですが、もちろん会いたい人には全員会う! が私のモットー。友人、先輩後輩、仕事関係の方々と毎日のようにリアルで再会しており、かなりハイテンションです。

東京滞在は1か月の予定だったのですが、全然1か月じゃ足りないじゃん。
つくづく、やっぱり私は人と会ってコミュニケーションを取ることが好きなんだなぁと実感します。

もちろん、このContainerを運営されているMo-Greenの皆さんともお会いすることが出来ました!

会うやいなや、編集長・須藤さんのお言葉。

「お!  ノマドワーカー!なんかいい感じのオーラ出てるね!」

……これ、今回東京で会う人会う人、みんなに言われるんだよなぁ(笑)

「Aiちゃんってこんなに自由な人だったんだね」

「ハッピーオーラが出ていきいきしてるね!」

とか。

もちろん計画が盛大に狂ったので、意識的に物事をポジティブに変換するようにしているけど、わりと昔からハッピーなつもりだったから「そんなに変わったか?」と不思議でした。
自分のことは自分が一番分かっているようで、分かっていないものですね。

でも、思い出した。

そういえば過去に一度、みんなから同じようなことを言われた時期がありました。

新卒で入った会社を辞めて、渡米を決意した時です。

その時も特に会社に不満があったとか辞めたかったということはなかったけれど、とにかく海外行きへの想いを捨てきれなかった。悩みに悩んだ末、周りに「今じゃなくてもいいじゃない」「帰ってきた時、就職に困らない?」と引き留められながら渡米を決めました。

その時と今で共通していることは、「自分で選択した道を歩んでいる」こと。

やっぱり自分で考えて選んだ道に進むと幸福度が増すし、たとえリスクがあっても困難にぶち当たっても納得できると思うんですよね。
選択できる環境にいるということも、とても恵まれていることですしね。

今回も自分で葛藤して選んだ道だから、普通なら頭抱える状況でも納得して前に進めているんだろうなぁと。それが表情に出ているのかもしれないなと思いました。

Hello, anna magazine! Mo-Greenさんのオフィス、おしゃれ……

anna magazineのすてきな新企画! 激動の時代を過ごしているのは、大人たちだけじゃない。

と、ついつい悪い癖でまた真面目なことばかり書いてしまった。

とにかく独りでもハッピーオーラを出せているようで万々歳。
壇蜜のように「ひとりで生きられる自信がついたから誰かと一緒にいられるようになった」と言える日は近いかもしれない。

そんな事を考えながら、Mo-Greenの男性陣と私は渋谷のおしゃれカフェに移動。


渋谷でキラキラ女子たちが集う「Hotel Emanon」のカフェにて。

Face to Faceでじっくり今の仕事のこと、これからのこと、「こんなこと一緒に出来るといいよね」など熱く語ることが出来ました。

でも、そこは居酒屋じゃなくておしゃれカフェ、おしゃれランチ、白Tシャツにサングラスのキラキラした女の子たち。

「どうやったらあんな風になれるんだろうねー」と、私たち。

だから、「私が田舎であれぐらい洗練された暮らし、してみせますよ」と宣言しておきました。

というわけで、瀬戸内海で洗練された暮らしを目指す仲間、募集中です。


だってめちゃくちゃかっこいいでしょ、この景色。

アーカイブはこちら

Tag

Writer