Own Beautiful Adventure in Japan -Miyazaki- #6

朝日を見に

Contributed by Nachos

Trip / 2021.05.06

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第7弾は、日本での旅の模様をお届けします!今回は宮崎篇です!

#6

朝早く起きて友達に連絡をすると
「今から朝日を見に行くから早く来て!」と返事が。
急いで着替えて車に乗り込む。

待ち合わせ場所へ向かう道中、窓の外の空の色はどんどん明るくなってきていた。
「後ちょっと、急がなきゃ。」

ギリギリセーフ!



友達はもう海を見下ろす丘の上ですでにスタンバイ。
「おはよー!!早く早く!」
車から降りると朝日が水平線から少しずつ登ってきていた。

走ってみんなのところへ。




「幸せだー!」って叫びながらみんなで朝日を迎える瞬間。


ここから見る景色が本当に綺麗すぎて心がいっぱいになり、ちょっと目がうるんでいたのは秘密。笑



少しこの場所でコーヒーを飲みながらゆっくり時間が過ぎていくのを楽しむ私たち。
「お日様が出てくるとあったかくなるね」

だいぶ空も明るくなりポカポカとしてきたところで、そのまま海へ移動することに。



海も朝日でキラキラしている。
それを見た瞬間、
「わおー!」とみんなの目が輝いた。
そのまま急いで着替えて水の中へ。
そのうちに他の友達も海に集まってきた。



ちょっと水温は冷たいけれど、サーフガールたちはみんな元気で可愛い!
みんな口を揃えて言う。
「海、サイコー!」



海あがりは美味しいコーヒーでチルタイム♪

ふとコーヒー屋さんのオーナーを見て
「あれ?どっかで会ったことあるような…?」と思いながらコーヒーを飲んでいたら、
突然後ろから肩を叩かれた。

「バリで会ってるでしょ!」と時間差でいきなりオーナーが声をかけてくれた。笑

「やっぱり!」
「じゃあ、お互いハテナが浮かんでいたんだね〜!」
「と言うか本当に偶然!すごい!元気だった?」
と2人で笑いながらおしゃべり。


周りを見渡すとみんなそれぞれのんびりと過ごしている。
宮崎のこの雰囲気が好きなんだよな〜。
なんてほっこりしていると、聞き慣れた声が聞こえてきた。
振り返ると、数週間前に静岡で会ったばかりの友達。
またまたここでも偶然の再会に驚く。


「初めまして」や「久しぶり」の人、「あれ?なんでここにいるのー!」って人までいろんな人に会ったアフターヌーン。


またまた行き当たりばったりの旅、今回も素敵なスタートを切ってる。
よしよしいい調子だ。


アーカイブはこちら

Tag

Writer