見たことある景色

Contributed by Nachos

Trip / 2021.07.22

世界中の国々をサーフトリップしながら、女性にフィーチャーした"saltybabe photo"を撮り続けている、フォトグラファーNachosさんの旅連載「Own Beautiful Adventure」。シリーズ第7弾は、日本での旅の模様をお届けします!今回は静岡篇です!

#15

今日の始まりは伊豆半島の上の方
海沿いにある道の駅で迎えた朝。
こんなに早起きしなくても良かったんだけれど、ちょっと朝日が見たくなり眠たい目を擦りながらスタンバイ。


バンの中から見た朝日

思った通りきれいな朝焼けを見ることが出来て満足な私は、また少し布団を引っ張り横になる。(バンライフ ってこれが出来るから最高!笑)

まどろんだ時間を楽しんでいると友達からメールが届いた。
「おはよう」
準備をして友達と合流することに。


移動中ふと窓の外を見たらカリフォルニアで見た海沿いの景色にちょっと似ていて思わずカメラを手にした。

「海を見ながら朝ごはんを作ろう」
「最高!」
「お! 朝7時から開いてるパン屋さん見つけた」
「行こう!」
と張り切って動き出す私たち。



道の脇に車を止めて友達がパンを買いに行ってくれている間、またぼーうっと窓の外を眺めていると、今度はオーストラリアの小さな街で見たスーパーマーケットによく似た場所を見つけて、私はまたカメラを手にした。
なんだかあの時の気持ちがフラッシュバックする。
「ここはパラレルワールドなのかな…?」
一瞬本気で頭によぎった。


無事にパンをゲットして海沿いに車を停めてお楽しみの朝ごはん。

友達が最近ゲットしてきた美味しいコーヒー豆を持ってきてくれたので
ガラガラと豆を挽きコーヒーを淹れる準備をしてくれている。


その間に私はホットサンド作り。

海を見ながら友達と食べるホットサンドはとても美味しくて、まだ朝の9時だというのにもうすでに今日という1日を満足してしまった。(そう感じた)

これからまた友達と合流して伊豆半島の南へ向かう。


その途中で寄ったかわいいカフェ。

外にはきれいに花が咲いている大きなミモザの木があった。

「このミモザの木が欲しい」なんて心の中でお願い事をしながらしばらく黄色と水色が混ざり合うきれいな空を見上げてた。



「中に入るよ〜」
その声でハッとする。
「待って!」


店内の中にもミモザがたくさん飾ってあった。


初めてきた場所ばかりなのに、朝からなぜか胸がキュンとなる景色や瞬間に遭遇する。
きっとそんな1日になるんだろうな。

なんて思いながら美味しいカフェラテを飲み、また車を南へと走らせていく。



アーカイブはこちら

Tag

Writer