LA初日

About Time #6

LA初日

Contributed by Sho Mitsui

Trip / 2021.11.15

1年9ヶ月ぶりにアメリカに旅立った通訳・翻訳家&カルチャーコーディネーター兼英語教師の三井翔さん。著名人からアップカマーまで、アメリカ国内に謎のネットワークを持つ彼にしか見えない、コロナ禍以降のアメリカの「リアル」を毎週お届け。

#6

機内の話等は書いても退屈だろう。



エコノミークラスで飛んだものの、隣り2席とも空席で、もはや、ファーストクラスばりにゴロンして気付いたらLAだった、という事実以外は。



機内からの世界も、コロナパンデミック以前と以降では全く違って見える(気がする)。この様な景色を見られる日がこんなに早く来るとは思ってもみなかったし、とはいえ、最後に飛行機に乗った日から数えると永遠にも思えるのだ。



愛しのLAXに到着! 空気も乾いているし、気温も最高! ジャケット着てるの俺だけwww



まず、向かうはCarrotsやBabylon等いまやLAを代表するストリートブランドになったレーベルの流通をしているRedのTripple Seven Distro. のオフィスへ!



会議室でまったりしていたら、画家でOne of These DaysというクロージングブランドのオーナーであるMatt McCormickの犬が僕を舐めまわして来たので、すぐにMattが居ることに気付いた。

彼の作品やブランドについてのインタビューもしたので、それは後日のお楽しみに!

Mattと話しているとRedがNordstromのバイヤーを連れて来て、One of These Daysの取り扱いについてのミーティングが始まった。ビジネスミーティングも、行き当たりばったりに始まるし、至って肩の力は抜け切っている。コレがLAスタイルw

暫くするとAnwarが迎えに来てくれた。



1人2人と仲間が集まり、たちまち同窓会気分! Tripple SevenのRedとBabylonとTrash Talkの首謀者Leeも登場して、皆んなで近況報告会。



Carrotsの展示室にもフラッとお邪魔しつつ、AnwarにAirbnbまで送ってもらう。



今回の部屋は当たり! ベッドルームとシャワールームは貸し切りだし、Supremeから徒歩10分! 最高かよ!



見事なバックヤード付きで今にもバーベキューしたくなっちゃう、みたいな。



まだ民家のハロウィンムードは抜けておらず、



イケてるよなぁー。世界観なぁー!!!
とりあえず、Fairfax上の気になるショップをチェケラウト!



最近出来たという、友達のChrisがデザインの一角を担うHeavn by Marc Jacobsストア。ChrisがやってるブランドStray Ratsのものも売ってた。



今回の渡米の理由にもなったTyler, The CreatorのストアGOLF。相変わらずの可愛い内装。店内はスマホ禁止という世界観。

ここの壁画はGOLFのシーズンが変わる度に定期的に塗り替えられる。

リリース日前のSupremeは静か。

相変わらずの存在感Ripn'Dip



BLM騒動で、破壊されたHaroshiさん作のHUFの為に作られたミドルフィンガー。真ん中の指が折れたからこそより一層意味合いが重たくなる。



しかし、1番目を見張ったのが友達のKyle Ngが主催するブランドBrain DeadのFairfax Studioだ。



一階はカフェと映画館! そして二階がストアというものすごい規模感。



ストア内はDover Street GinzaのBrain Deadスペースの世界観を爆発させた感じ!



カフェではコーヒーのみならず、本格的な料理も楽しめるレストラン仕様!



週5で映画を上映している。こんな、ローカルシアターが日本にもあったらな!



夜はKyleとトイカープロジェクトの話をしつつ、本人に個別のインタビューも。Kyleの回も楽しみにしていて欲しい。

Brain Deadは今のLAのストリートカルチャーでも独特で面白い動きをしてくれているブランドだと思う。今後がますます楽しみ。



夜ご飯はLAで1番好きなJon & VinnieのHam and yeezy。涙が出るほど最高だった。クッキーはTylerが大好きだという、snickerdoodle。笑

そんな感じで、LA1日目はあっという間に過ぎていった。



アーカイブはこちら

Tag

Writer