1/100

Peep inside head #1

1/100

Contributed by Haruka Yamage

Trip / 2022.06.21

父からもらった相棒のコンパクトカメラと共に日々を送る、東京都在住のHaruka Yamageさん。彼女自身が100個の目標を1つずつ着実に、コツコツと成し遂げていく過程を綴る。

#1

“あなたを表す3つの単語はなに?”
ありふれた質問だけど、これほど個性が出る質問はないんじゃないかと思っている。
わたしを表す3単語は
“出会い、ひらめき、ネガティブ”

 わたしは目立った長所はないけれど、唯一胸を張って誇れることはいつも素敵な出会いに恵まれるということ!
そのかけがえのない素敵な出会いに囲まれた日々の中で見つけたのは、わたしだけにしか見ることができない景色があるということだ。

 とにかく飽き性なわたしが長い間心を奪われていることは、写真を撮ること。同じ空間にいる人が自分と違うものや人、景色を写真に収めてるのを見て、自分にしかこの景色は見れないんだ! その瞬間を写真で残すことができるなんて最高だ! と思ったのだ。そう思い始めてからはもう写真を撮ることに夢中で、父から貰った相棒のコンパクトカメラをいつも持ち歩いて、残しておきたいものを全部撮るぞ! という心意気でとにかく撮りまくりまくる(笑)。


ポーズやテーマが決まっている写真よりも日常を切り取ったような写真を撮るのが好き!








 そんなわたしが一番大切にしていることは“ひらめき”。
少し前までは失敗することにとにかく恐れていて、新しい環境に踏み出すことが本当に苦手だった。でもある日、”思いつくままに生きてみるのもいいんじゃないか”とふと思ってからは、ひらめきにしたがって行動してみる! 失敗を恐れていたことなんて忘れてしまうほど、たくさん発見があって楽しくて面白いのだ。そして、ひらめきのままに行動した1日はすごくいい気持ちで終われる気がする。

これはひらめきのままに行動した一日の最後に見た夜景! 息をのむほど綺麗だった。



 さらに、わたしは少しネガティブだ。いや、かなりネガティブかもしれない。1日の終わりにベッドの中で大反省会を一人で開催することなんてしょうっちゅうだ。これまでは、ネガティブがコンプレックスだった。でも、環境が変わって、自分のやりたいことに素直でひたむきな人たちに出会ってから、気にしてる時間なんてない! と思った。人生は思ったより短い。ネガティブも含めて私なのだ!

 わたしには秘密のノートがあって、そこには100個の目標が書かれている。誰にもこのノートは見せたことがないし、存在を明かしたことすらない(笑)。でも、これからContainerでこの目標をひとつずつ達成していく過程を発信して、少しでも楽しんで頂けたら嬉しいなと思う! なぜなら、Container連載がひとつの目標だったからだ。つまり、これでひとつ目の目標を達成できたということ! ゆっくりだけどコツコツと目標を達成していけたら嬉しいな。

Tag

Writer