GIRLS, GO WEST! #20

北へ。

Sri Lanka 3 / 13

Photo&Text: Kana Oya

Trip / oct.11.2018

モデルとして活躍するかたわら、インスタやYoutubeなどで自身のパーソナルなライフスタイルや旅の経験を発信し続ける大屋夏南さんの旅連載「GIRLS, GO WEST!」。
第三弾は、スリランカ編です。大屋さんの独特の切り口で、旅を通じて感じたスリランカの魅力を綴った全13編を毎週木曜日にお届けします。

「GIRLS, GO WEST!」#20 - Sri Lanka

出発前に日本で列車のチケットが取れなかったため、ここで当日券を買う必要があった。
なんだかわかりやすい表示もないし、我先にといった雰囲気が流れているところで、さてどうしたものかと遠巻きにそのプチカオスな光景を眺めていた。

列車は1等車、2等車、3等車と分かれていて窓口もそれぞれ分かれているが、指定席に座れる1・2等車の列には30人以上が並んでいた。

もうすでに並んでいる人にお金を渡してついでに買ってもらう人や、思いっきり横入りしてくる人もいて、そうこうしているうちに乗るつもりでいた8時半の列車は出発してしまった。

考えが甘かった。

結局3等車しか空いておらず、しょうがないからそれでいいと思ったことがこの旅最大の間違いだった。

やっとの思いで買った小さなチケットを入り口で見せ、どのホームに行けばいいか聞くと目の前のホームを指差す。

列車には全車両が指定席のものや1車両だけ1等車(指定席)のもの、エアコンの有無、窓がない展望車と、とにかく種類が多くて正しく自分が乗りたいものに乗るにはやはり事前にチケットを予約しておくのが確実。

ホームは人でごった返しており、また違う人にキャンディ行きのホームを確認するとさっきとは違うホームを指差された。

同じくバックパッカーの白人女性グループに「もしかしてキャンディ行く?」と聞いたら「そうだ」と答えた。「ホームどこかわかる?」と聞いたら、「ここみたいだけど、確かではない」という彼女たち。

今度は現地の家族連れに聞いてみると「私たちもキャンディに行くから同じ場所よ」とプリントアウトされた紙を見せ私が持っているチケットで次に乗れる列車が9時50分だと教えてくれた。

察するにホームは都度変わるらしく放送でアナウンスされる。
もちろん英語でアナウンスもしてくれるけど自分がどの列車に乗るのかしっかりわかってない私はそのアナウンスのみで理解するのは難しく、人の流れを見てついていくのが唯一の方法だった。

とりあえず出発まで1時間以上あるから朝ごはんを買うことにした。

ローカル感満の食堂っぽいところでは英語の表記は見当たらず、食べ物のことはある程度覚悟してたから自分が口にしないお肉とアレルギーの卵が入ってなかったら何でも食べると決めていた。

ガラスケースに入ったロティ(薄いナンみたいな食べ物)に包まれた三角形の食べ物に上の2つが入ってないことを確認して買う。

中身はカレー味のジャガイモと野菜が入っていて美味しかった。

それをもぐもぐ食べながら駅構内の人間観察をし、ぼーっと列車が来るまで時間を潰す。

男女ともにカラフルな洋服を着ている人が多く、鮮やかなサリーにゴールドのアクセを合わせた女性たちはひときわ目を引いた。

男性は細身のパンツにシャツやTシャツを合わせている人がほとんどだった。

列車の時間が近づくにつれて人の波を追いかけて左右のホームを行ったり来たりしたが思っていたより列車の本数が多いのと、ギリギリにならないと列車が来ないことをやっと理解する。

朝ごはんを食べていたときに話しかけられた白人女性2組みがどうやら英語を話す親切な現地の人に案内してもらっているのを見つけて、「私も着いていってもいい?」と便乗させてもらった。



やっとホームが確定したらしくそこにどんどん人が集まっていく。

スリランカ語でのアナウンスをきっかけにみんながどっと進行方向に動いた。

この時はあんなことになるなんて思ってもいなかった。

▼ARCHIVES
〈香港編〉
GIRLS, GO WEST! #1「はじめての香港」

GIRLS, GO WEST! #2「Art Basel」

GIRLS, GO WEST! #3「海をまたいだ友達」

GIRLS, GO WEST! #4「マッサージ屋の選び方」

GIRLS, GO WEST! #5「幸せになるためには」

GIRLS, GO WEST! #6「過程を楽しむ」

GIRLS, GO WEST! #7「出会い」

GIRLS, GO WEST! #8「香港とは」

〈キューバ編〉
GIRLS, GO WEST! #9「念願のキューバ」

GIRLS, GO WEST! #10「サバイバルモード」

GIRLS, GO WEST! #11「ヒトメボレ。」

GIRLS, GO WEST! #12「優しいキューバの人たち」

GIRLS, GO WEST! #13「廃墟の中のレストラン」

GIRLS, GO WEST! #14「ハバナの日常」

GIRLS, GO WEST! #15「キューバのガウディ。」

GIRLS, GO WEST! #16「サルサ」

GIRLS, GO WEST! #17「日常から離れてわかること。」

〈スリランカ編〉
GIRLS, GO WEST! #18「スリランカへ。」

GIRLS, GO WEST! #19「はじめてのスリランカ」

GIRLS, GO WEST! #21「電車の旅。」

GIRLS, GO WEST! #22「まさかのタイミング」

GIRLS, GO WEST! #23「ペラヘラ祭り」

GIRLS, GO WEST! #24「嘘でしょ」

GIRLS, GO WEST! #25「トゥクトゥクロードトリップ」

GIRLS, GO WEST! #26「野生の像」

GIRLS, GO WEST! #27「念願のシーギリアロック」

GIRLS, GO WEST! #28「暮らすように旅する」

GIRLS, GO WEST! #29「ぜいたくな午後」

GIRLS, GO WEST! #30「また会う日まで。」

〈ラオス編〉
GIRLS, GO WEST! #31「そういえば。」

GIRLS, GO WEST! #32「ハジメマシテ。」

GIRLS, GO WEST! #33「旅を楽しむために。」

GIRLS, GO WEST! #34「ルアンパバーンの夜。」

GIRLS, GO WEST! #35「散歩。」

GIRLS, GO WEST! #36「メロウなサイクリング。」

GIRLS, GO WEST! #37「プーシーの丘。」

GIRLS, GO WEST! #38「運命とチャレンジ。」

GIRLS, GO WEST! #39「念願の。」

GIRLS, GO WEST! #40「出会い。」

GIRLS, GO WEST! #41「せっかく旅に出るなら。」

GIRLS, GO WEST! #42「犬かき的な動き。」

GIRLS, GO WEST! #43「秘密基地。」 

GIRLS, GO WEST! #44「LP。」

GIRLS, GO WEST! #45「再開。」

GIRLS, GO WEST! #46「決意。」

GIRLS, GO WEST! #47「カンクン入り。」

GIRLS, GO WEST! #48「幸せまでの距離」

GIRLS, GO WEST! #49「トゥルムへ。」

GIRLS, GO WEST! #50「大人の秘密基地。」

GIRLS, GO WEST! #51「ここ”と”今”だけ」

GIRLS, GO WEST! #52「仕事しながら暮らすように旅する。」

GIRLS, GO WEST! #53「この旅の目的地へ。」

GIRLS, GO WEST! #54「マヤのピラミッドチチェンイッツァ。」

GIRLS, GO WEST! #55「次こそは本命のセノーテ。」

GIRLS, GO WEST! #56「ついに。」

GIRLS, GO WEST! #57「まさかの。」

GIRLS, GO WEST! #58 「カオス。」

GIRLS, GO WEST! #59「出会い。」

GIRLS, GO WEST! #60「別れ。」

Tag

Writer