ハワイデビューの旅

BACK IN THE DAY #1 / LOVABLE USELESS #8

ハワイデビューの旅

Contributed by ROSE BUD

By / aug.26.2020



初めての接客、初めての海外、憧れの人と仕事をしたあの瞬間など長い人生の中で、なぜか心に残った出来事って誰しもある。そんな心をゆらす、小さな出来事を振り返ります。今回は、ROSE BUD PRESSのRisa Sasaokaさんの「初めてのハワイ」。



ハワイ好き、南国好きになるきっかけ


ターニングポイントは、初めてのハワイの旅。16歳の夏休み。私にとって、記念すべき初海外で、ハワイ好きの母とハワイに留学経験のある当時の彼との3人旅だった。目に映るもの、耳に入る音、鼻を刺激する香り…。16歳の私にはとにかくなにもかもが新鮮で、“これが噂のハワイか!“とすぐに虜になった。

ワイキキとアラモアナの間に位置するレストランのバーで、『スキヤキ・ソング』の大合唱が聞こえてきたのをいまもよく覚えている。



思い出深いのは、ハワイ大学の購買部で購入したロゴ入りグッズ。おどろくほどたくさんのグッズが売られていて、Tシャツやバッグ、ペンやノートはもちろん、車の反射板や何に使うのかわからない謎の置きものまで幅広く用意されていた。



この最初の旅がハワイ好き、ひいては南国好きになるはじまりだったのだ。この旅がなかったら、その後ハワイ出身の今の旦那と出会うこともなかったかもしれない(笑)。



それと、“少しだけ勇気を持って、英語でコミュニケーションを取る“ということに、人生で初めてチャレンジできたことも思い出に残っている。

これからの人生で、またターニングポイントになるような瞬間が訪れるならば、「何かにチャレンジする勇気」を持つきっかけになるといいなと思うのだ。

Profile


Risa Sasaoka(ROSE BUD PRESS)

19歳でショップスタッフとして入社、気づけば勤続13年目。趣味はホットヨガ。カフェやアート展など、気になるスポットを巡る #ささりさんぽ が定番の休日の過ごし方。
My Instagram


BACK IN THE DAYのアーカイブはこちら
LOVABLE USELESSのアーカイブはこちら


Tag

Writer