「遊び方」が180度変わった旅

BACK IN THE DAY #9 / LOVABLE USELESS #70

「遊び方」が180度変わった旅

Contributed by ROSE BUD

By / 2020.12.09


初めての接客、初めての海外、憧れの人と仕事をしたあの瞬間など長い人生の中で、なぜか心に残った出来事って誰しもある。そんな心をゆらす、小さな出来事を振り返ります。今回は、ROSE BUD ルミネ池袋店副店長兼ショッププレスのYuki Sugimuraさんの「沖縄旅」。



スキューバダイビングに魅了されて




私の人生のターニングポイントになったのは、初めてスキューバダイビングを体験した時だと思う。20代前半の頃、疲れ知らずの私は夜な夜な寝る間も惜しんで遊び歩いていた。当時はそんな忙しない毎日が楽しくて、「一生このままがいい!」なんて思いながら日々を過ごしていた。

ちょうどその頃に、友人の誕生日に合わせて夏の終わりに沖縄へ旅に出かけた。そこで初めて体験したスキューバダイビングが、その後の私の遊び方を180度変えたのだ。



旅のプランを考えている時に、「せっかくなら普段できないことをしよう」という話になり、とっさに思いついたのがスキューバダイビング。もともと泳ぐのは得意だったけれど、いざ海に潜るのはかなり勇気がいるものだった。大袈裟だけれど、死を覚悟しながら潜ったのをよく覚えている(笑)。しかし、実際に潜り始めてみるとそれまでに感じていた不安や恐怖は一気に吹き飛んだ。今までに感じた事のない感動と興奮で心と体が満たされ、一瞬で海の中の風景に魅了されてしまったのだ。



その体験以来どっぷりと海の魅力にハマってしまい、旅で海の近くを訪れるたびにスキューバダイビングをしたりシュノーケリングをしたりといろいろなマリンスポーツを楽しんでいる。昨年にはスキューバダイビングのライセンスまで取得してしまったほどだ。

沖縄での体験がなかったら、今も変わらず「都心で夜な夜な遊ぶ事が一番楽しい」と狭い世界で繰り返し同じような遊び方をしていた気がする。スキューバダイビングという非日常的な経験を更に濃密なものにする為に、日常生活も全力で楽しめるようになった。

「毎日明るく楽しく生きていきたい」と思いながら日々の生活を送っているので、またいつかこの時みたいなターニングポイントに出会えるなら、単純に「楽しい!」、そう思わせてくれるような経験や体験の数を増やしていきたい。

Profile


Yuki Sugimura (ROSE BUD Shop Press)

ROSE BUD ルミネ池袋店副店長兼ショッププレス。お客様の思いの先を読んだ提案を行い「またこのスタッフに接客してしてもらいたい!」と思っていただけるような対応を心掛けている。
Shop Instagram


Back in the dayのアーカイブはこちら
Lovable Uselessのアーカイブはこちら

Tag

Writer