新しい目標を見つけた第二の故郷

BACK IN THE DAY #5 / LOVABLE USELESS #35

新しい目標を見つけた第二の故郷

Contributed by ROSE BUD

By / oct.14.2020


初めての接客、初めての海外、憧れの人と仕事をしたあの瞬間など長い人生の中で、なぜか心に残った出来事って誰しもある。そんな心をゆらす、小さな出来事を振り返ります。今回は、ROSE BUD金沢フォーラス店 副店長兼ショッププレスのKyoka Kanaiさんの「LA旅」。



人の温かさと、目標とする人物像




私の人生のターニングポイントは、1年半前にエスパル仙台店から金沢フォーラス店に赴任した時。地元の仙台から離れ、初めての土地で違う環境に身を置くことに少し不安を感じて、最初は寂しく思うこともあった。

でも、接客中にお客様から温かい言葉をかけていただき、人の温かさに触れ、改めてこの仕事の素晴らしさを感じた。店舗のスタッフ達もみんな出身は違うけど、同じように熱意を持って、それぞれの目標に向かって切磋琢磨する姿に感動して、そんな仲間達と過ごす時間が私の支えになっていった。



異動が決まった時、入社当時にお世話になった店長からプレゼントしていただいた指輪を、今でも大切にしている。店長がつけている指輪を見て、私が「そのデザイン素敵ですね」と言ったのを覚えていてくれて、「金沢でも頑張ってね」とプレゼントしてくれたのだ。金沢に来てから1日も欠かさず身につけていて、つらい時やふとした時にこの指輪を見ると、店長が私にかけてくれた温かい言葉や見守ってくれている存在がいる事を思い出し、頑張ることができるのだ。



金沢に来て、いろいろな人からたくさんの刺激を受けて私自身成長できたことで、いろいろな土地に足を運んで様々な文化や人と触れ合うことは、自分自身に変化を起こす事ができると感じるようになった。この赴任をきっかけに、より一層人を大切にしていこうと考えるようになったし、「自分自身も誰かのために良い働きかけのできる人間になりたい!」と、自分の目標とする新たな人物像ができた。

これからは私自身が誰かのターニングポイントとなるような人間になりたいと思う。それがきっと、次の私のターニングポイントになるのだろう。


Profile


Kyoka Kanai(ROSE BUD Shop Staff)

「ROSE BUD金沢フォーラス店」副店長兼ショッププレス。店頭ではVMD・CSも担当している。すべてのお客様に対して販売のプロとしての提案でお客様のお買い物をより充実させるお手伝いをする事がモットー。ROSE BUDのファンを増やしていく事が目標。趣味は料理・インテリア雑貨を集めること。
Shop Instagram
My Instagram


Back in the dayのアーカイブはこちら
Lovable Uselessのアーカイブはこちら


Tag

Writer