My Container #11

My Container #11

My favorite things.

Contributed by Ayaka Sugino (Buyer)

By / 2021.08.11




Containerの人気企画 “Traveler’s Container”のスペシャルエディション“My Container”は、これまでの人生の中で手に入れた大切なモノを詰め込んでパッケージする企画。
10人いれば10通りの旅があるように、思い出も中身も様々な“My Container”を
通して、その人だけの人生の「大切な価値観」を深堀りします!




1:Biggie&2-PacのプリントT
DATE:2014年/PLACE:Forever21 in NY
Q.どんな思い出?
留学中、寒い冬の日にタイムズスクエアにある FOREVER 21でゲットした。館内の長いエスカレーターが当然かの様に止まっていて、アメリカの洗礼を受けながらそのエスカレーター(階段)を必死に登ってゲットした。
Q.どんなところがあなたらしい?
小さい頃から洋楽を聴いていて、やっぱり今でも私のハートをくすぐるのは 90s〜2020sのR&Bやhiphopなので。ラッパーが描かれたアイテムの収集癖あり。

2:マニキュア
DATE:去年/PLACE:NAILS INC
Q.どんな思い出?
気分が上がる色のマニキュアを探していて、こちらに。発色が良くて塗り易く、気に入っている。海に行くときは決まってこのオレンジ。映えるし、自分らしい。
Q.どんなところがあなたらしい?
ビビットな色味。他にもたくさんマニキュアは持っているけど、結局いつもこの2色を交互に着けている位自分にしっくりくる色。

3:★とマンハッタンアートのお皿
DATE:2014年/PLACE:FISHES EDDY in New York
Q.どんな思い出?
これも留学中にゲットした。当時今でも大好きなモデルの大屋夏南ちゃんが、この食器でパンケーキを食べている写真をインスタに上げていて、すごく可愛くて衝撃を受けた。私もNYに行ったら絶対にこのお皿を買うと決めていて、ついにゲット。嬉しくてたまらなかった! 今でもずっとお気に入り。
Q.どんなところがあなたらしい?
ちょっとポップなプリント。家具とかはシンプルにしたいけど、小物で遊びたいという私の気持ちにぴったりのアイテム。

4:ボウル
DATE:2014年/PLACE:ANTHROPOLOGIE in Boston
Q.どんな思い出?
当時 19 歳だった留学中から食器が大好きで、可愛いモノを見つけたら将来のためと自分に言い聞かせていた。おかげで帰りのフライトは手荷物用のバッグが超ヘビーだった。ANTHROPOLOGIEは行く度に可愛い新入りがいて、たくさん散財したなあ〜。
Q.どんなところがあなたらしい?
「アメリカの食器!」っていう感じのフォルムとカラー。ヨーグルトとフルーツを入れるだけで可愛くなるし、食べる瞬間も毎回ハッピーで最高。

5:本
DATE:2~3年前/PLACE:本屋さん
Q.どんな思い出?
「ニューヨークの魔法は終わらない」は本屋さんでたまたま立ち読みをして、内容が好きすぎて購入。それから全シリーズ揃えた。「場所はいつも旅先だった」は仲が良い友達に勧められて。
Q.どんなところがあなたらしい?
旅好きで、そして現地の人とのコミュニケーションの瞬間が好きな私にとって、旅に行けない今もその時の気持ちを思い返させてくれる本。筆者の文の綴り方も心地よくて、読んでいて癒される。天気のいい日に公園でこの本を読むのが最高の癒しで、大好き。

6:サングラス
DATE:去年の夏/PLACE:TOMORROW LAND
Q.どんな思い出?
サングラスを探していたとき、立ち寄ったポップアップコーナーでついつい買ってしまった。
Q.どんなところがあなたらしい?
女性っぽすぎない全体感。レンズがモスグリーンっぽくてクリアフレームとのバランス感が秀逸。サングラスはかけるのも好きだけど、頭に乗せるルックが好き。たとえ陽が照っていなくても室内でも、おでこの上に乗せていたいタイプの人です。サングラスを持って出かけるのを忘れたらテンション下がるくらい、必需品。

7:Andy Warhol のポストカード
DATE:2014年/PLACE:MOMA in New Yor
Q.どんな思い出?
ウォーホルの原画をずっとこの目で見たくて、ついにその夢が叶った日に買ったアイテム。美術館のお土産コーナーが大好き。
Q.どんなところがあなたらしい?
ウォーホルの作品が大好きなので。引っ越す度に壁からはがし、また新たな新居でも部屋に飾り、空間に彩りを与えてくれるアイテム。

8:おさるの人形
DATE:小学生の頃?/PLACE:地元福岡
Q.どんな思い出?
どこで買ったかも覚えていないけれど、当時何故かおさるの人形にはまっていて買った事
は覚えている。
Q.どんなところがあなたらしい?
彼が着ている服のマルチカラーが好き。最近帰省したときに、実家の棚から微笑みかけてきたので、また一緒に暮らすことにしました(笑)。

9:Diptyque の香水
DATE:3年前くらい/PLACE:Diptyque in 大阪
Q.どんな思い出?
ずっと欲しかったここの香水。大阪に住んでいるお姉ちゃんと一緒に選んで買った。
Q.どんなところがあなたらしい?
あまり人と被らない、何ともいえない濃厚で中性的な香り。香水は自分を表現するアイテムだと思っているので、個性が引き立つものを選ぶことを大切にしている。これを付けているとよく「この香り杉ちゃんらしいね」と言ってもらえる。

10:キャンドル
DATE:去年?/PLACE:フライングタイガー
Q.どんな思い出?
キャンドルを探していたら、ビビットカラー好きにはたまらないアイテムを発見。それからずっとリピート中。このキャンドルの明りで JAZZ を流しながらリラックスナイトを過
ごすのがこの上ない至福の瞬間。
Q.どんなところがあなたらしい?
やっぱり色。紫は一番好きな色。次はターコイズを買うと決めている。部屋のインテリアにもなるので重宝している。

11:Andy Warhol のプリントトート
DATE:1年前/PLACE:本屋の隅っこのラック
Q.どんな思い出?
どこだか忘れたけれど大きな本屋だった。うろうろしていたら隅っこにこんなにドツボなバッグを見つけた。
Q.どんなところがあなたらしい?
ウォーホルとビビットカラー。10 代の頃からモダンアートに興味を持ちはじめて、当時から彼の作品が大好き。このバッグは持っているだけで気分があがるし、コーデのアクセントになるので気に入っている。

12:NIKE Waffle one
DATE:2021年/PLACE : NIKE shop
Q.どんな思い出?
「ずっと、これが欲しいんだよねー」と言っていたらなんと彼がサプライズでプレゼントしてくれた!
Q.どんなところがあなたらしい?
大好きな色の組み合わせ。私の好きな海外のスタイリストがよくワッフルを履いてコーディネートしていて、マネしたいと思っている。そして先輩バイヤーてらじさんのセレクトとしてローズ バッドにも入荷しています。

13:ジャーナリングノートと、ミニペン
DATE:2年前くらい?/PLACE:名古屋ゲートタワーモール
Q.どんな思い出?
当時、ミシェル・オバマの『マイ・ストーリー』という自叙伝を読んでいて、文中彼女がジャーナリングの大切さを唱えていた事にインスパイアされて私も始めてみた。書きたいときにしか書かないけど、心のクレンズができたり、自分の気持ちを文字に起こすと、気付かなかった感情と向き合えたりするのでジャーナリングは好きな作業。
Q.どんなところがあなたらしい?
表紙のモダンなオレンジ色。飲み物をこばしたりで表紙とかにシミもあるけど、それも風合いとして楽しんでいる。

<About My Container>
Q.このボックスを一言で表すと?
私のビビットなアイテムたち。

Q.自分の人生に欠かせないものは?
家族・家族みたいな友達・自然・音楽・踊り。

Q.今回「自分らしいアイテム」を集めてみて、どんな特徴があった?
自分の普段の服装とは対照的に、結構カラフルだった。あとは生活雑貨が多め。住まいを心地よく整えることが一番のプライオリティーなので、それの表れかなと感じた。

Q.このBOXにタイトル又はテーマをつけるなら?
My favorite things

Q.「ついつい集めちゃうもの」はありますか?
Tシャツ・食器

Q.今回「自分らしいアイテム」を集めてみてどう思った?
10代の頃から好きなモノが変わってない。これからも自分色にブレンドしながら、自分のテイストを確立していきたいと思った。


Profile



Ayaka Sugino(ROSE BUD Buyer)


福岡県出身。福岡パルコ店で勤務後、大型店での勤務経験を積むことを志望し名古屋タカシマヤゲートタワーモール店のオープニングスタッフとして異動。店長任務後、アシスタントバイヤーとしてこの春上京。どんどん北上してます。海で大好きな90’s R&Bを聴きながら思う存分くつろぐことが、最近の休みの過ごし方。


アーカイブはこちら

Tag

Writer