border to border!

border to border / NO BORDERS!

border to border!

Contributed by anna magazine

By / 2021.08.25




ロードトリップ中に出会う特別な光景のひとつが州境“ボーダー”。
ひっそりとだけど、たしかに存在するその境界線を
通り過ぎるたびになぜかワクワクする。
anna magazineの旅の写真とともに振り返ってみた。






アメリカをあっちこっちロードトリップをしていると、州と州との境界線“ボーダー”を通る。国境とは違って通行許可証とかは必要ないんだけど、必ずその州をイメージするサインが立っていて通るたびになぜか特別な気持ちになる。当然、ついつい記念撮影とかしてしまう。「ここがアリゾナ州とカリフォルニア州のボーダーか」とか言いながら。ユタ州、コロラド州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の4つの州境が集まる“Four corners”なんてスポットにわざわざ丸1日かけて行ってみたこともある(笑)。目に見える線が引いてあったりするわけじゃないから、注意深く観察していないとボーダーのサインを見落としてしまうこともある。でも、ボーダーを超えるとなぜか風景がその州らしく変化していくのだ。緑豊かな大自然が広がっていたり、どこまで続くんだろうって砂漠が現れたり。これからもロードトリップをして、たくさんの特別な景色に出合いたい。“ボーダー”を超えて。














Tag

Writer