中田英寿×J-WAVEがおくるエンターテインメントレストラン

「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」

オープン!

Contributed by anna magazine

By / jul.16.2020

元サッカー日本代表の中田英寿氏がディレクターを務める、新たなエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」が、JR山手線 高輪ゲートウェイ駅に7月14 日(火)よりオープンしました。NIHONONMONOとは、中田氏が47都道府県を巡る旅の中で出会った日本の「本物」、そしてその作り手である「本者」を組み合わせた造語です。

このレストランは、日本文化を知り尽くした元サッカー日本代表の中田英寿氏と、J-WAVE のコラボレーションによって生まれました。過去 4 回にわたって開催された、中田氏主宰による世界最大級の “SAKE”イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボレーションし、日本全国の選りすぐりの日本酒がテーマに沿って愉しめるほか、予約困難な日本の最高峰のレストランが監修した、ここでしか味わうことができないスペシャルメニューが提供されます。また、会場には中田氏が全国を巡る旅の中で出会った工芸品など、日本の魅力を集めたショップ「NIHONMONO TOKYO」も開設され、実際に見て、触れながら直接購入することもできます。



会場は、世界的に注目を集める建築家 永山裕子氏が設計。高さ7メートルのシンボルタワーには、日本各地の選りすぐりの日本酒のボトルがディスプレイ。また、「NIHONMONO TOKYO」のフロアディレクションはブックディレクターの幅 允孝氏が担当。アフォリズムによる演出など、細部にまでにこだわり抜かれた空間に仕上がっています。

また、平日の12:30より会場から生放送でデイリープログラム「YEBISU BEER BEGINNINGS ~FROM TAKANAWA GATEWAY~」をオンエア。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEに参加するレストランのシェフや日本酒の蔵元、ミュージシャン、クリエイターなど東京の次世代を担う人々をゲストに迎え、公開生放送。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEの最新情報と東京の”いま”をリアルタイムに発信。そのほかにもライブやショートフィルムの上映など様々なコンテンツが同時に楽しめます。

会場では、選りすぐりの日本酒と厳選された料理のペアリング、工芸品、そしてエンターテインメントなど各ジャンルに精通した日本の魅力がたくさん詰まったスペシャルコンテンツを体感することできます。開催期間の7/14〜9/6の間、8つのタームに分けて日本酒と料理が入れ替わるシステムです。
ここでは、注目の日本酒と料理をピックアップしてご紹介します。

1 週目(7月14日-19日)
日本酒
東京:大都市・東京に拠点を構える都市派酒蔵、J-WAVE NIHONMONO LOUNGE 開催初週を飾るにふさわしい東京都内の全9蔵が大集合。


澤乃井(小澤酒造)/多満自慢(石川酒造)/嘉泉(田村酒造場)/喜正(野﨑酒造)/千代鶴(中村酒造場) 桑乃都(小澤酒造場)/屋守(豊島屋酒造)/國府鶴(野口酒造店)/江戸開城(若松 東京港醸造)

料理
L’Effervescence (東京・西麻布)【フランス料理】
「レフェルヴェソンス」とは、フランス語で「活気、泡、生み出す、人々を集わす」などの意味。店名にフランス語を用いたのは、「“人々が集い、元気になれる場所を創造していきたい”」 というレストランでエグゼクティブシェフ、生江史伸氏の想いが込められています。料理には各シーズン30種類あまりの野草や、山菜採りの名人から取り寄せた山菜など、ふんだんに野の野菜を使用。 『ミシュランガイド 2017』でも2つ星を獲得している、言わずと知れた有名店です。






(上から)ホワイトレバーと半熟卵のタルティン・マグロ豚骨ラーメン・酔いどれショコラ

2週目(7月20日-26日)
日本酒

北信越:日本有数の酒どころから屈指の実力蔵が集結。寒冷な気候に恵まれた東北地方の美酒を愉しむことができます。


加茂錦(加茂錦酒造)新潟県/満寿泉(桝田酒造店)富山県/天狗舞(車多酒造)石川県/ 手取川(吉田酒造店)石川県/黒龍(黒龍酒造)福井県/常山(常山酒造)福井県/梵(加藤吉平商店)福井県 信州亀齢(岡崎酒造)長野県/真澄(宮坂醸造)長野県/美寿々(美寿々酒造)長野県

料理
六本木 kappou ukai/六本木うかい亭 (東京・六本木)【日本料理】
2018 年に六本木ヒルズに誕生した2つのうかい。一流料理人が日本全国の厳選食材から繰り出す究極の日本料理を味わえる新進気鋭の割烹料理店と、最上級のステーキ、洗練された創意溢れる料理の数々で世界中のVIPも虜にする鉄板料理店が同時出店。

(左から)うかい名物 焼きたて油揚げ 3 種類の味で/kappou ukaiの手打ちからすみ蕎麦/うかい厳選 ローストビーフ

5 週目(8月10日-16日)
日本酒

Sake Competition:出品酒数世界最多を誇る日本酒品評会「SAKE COMPETITION」の受賞蔵だけが一堂に会する特別な一週間。


天上夢幻(中勇酒造店)宮城県/萩の鶴(萩野酒造)宮城県/伯楽星(新澤醸造店)宮城県 太平山(小玉醸造)秋田県/刈穂(秋田清酒)秋田県/福小町(木村酒造)秋田県/ 磯自慢(磯自慢酒造株式会社)静岡県/作(清水清三郎商店株式会社)三重県/極聖(宮下酒造)岡山県 美丈夫(濵川商店)高知県

料理
ちいさな台所ひらた (東京・広尾)【イタリア料理】
過去に3年連続CRAFT SAKE WEEKへの出店した実績を持つ「ひらた」。シンプルで素材を活かしたセンスフルなひらたのスペシャリテが味わえます。






(上から)温野菜 十四代酒粕入り バーニャカウダー/ トリッハのクロスティーニ / ペンネボロネーゼ トリュフ風味

8週目(8月31日~9月6日)
日本酒

チーム十四代:幻の日本酒として名高い「十四代」が率いるこの日のためのドリームチーム、「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」に集結します。


十四代(高木酒造)山形県/一白水成(福禄寿酒造)秋田県/山形正宗(水戸部酒造)山形県 鳳凰美田(小林酒造)栃木県/而今(木屋正酒造)三重県/出雲富士(富士酒造)島根県/寶劔(宝剣酒造)広島県 東洋美人(澄川酒造場)山口県/三井の寿(みいの寿)福岡県/よこやま(重家酒造 横山蔵)長崎県

料理
よろにく (東京・南青山) 【韓国料理】
焼肉の概念を覆し、新たな流れを築き上げた“新世代の肉割烹”。グローバル版グルメレビューサイトでは常にランキングで上位になるなど、 世界中から注目を浴びているレストラン。今までに誰も知らなかった“焼き肉”に出会えます。






(左から)ぶっかけトリュフのシルクロース/よだれ牛丼とミニサラダ/筍と和牛の木の芽味塩仕立て

ここで掲載したのはほんの一部ですので、気になった方は公式サイト(https://www.j-wave.co.jp/special/tgf/nihonmonolounge/)をチェックしてみてください。
極上の日本酒と有名レストランの絶品料理に舌鼓を打ちながら、日本の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。

さらに、今回J-WAVE NIHONMONO LOUNGEとanna magzineのスペシャルコラボが実現!
タブロイド特別号を制作しました。(詳しい内容はこちらをチェック!)

※会場では、来場者とスタッフの健康と安全の確保を最優先に、徹底した対策の上で実施。新型コロナウイルスの感染予防を図るため、酒蔵が作った“日本酒 アルコール消毒液”の設置や、会場内への入場は事前の予約制とし、入場制限を設けるほか、会場内設備の消毒、スタッフのマスク着用や、ソーシャルディスタンスの確保などの予防対策を実施されます。

Tag

Writer