温泉旅館のこけし

JUNK BOX #4 / LOVABLE USELESS #28

温泉旅館のこけし

Contributed by ROSE BUD

By / oct.07.2020



休日に立ち寄ったガレージセールや、旅先で訪れたスリフトショップなど、偶然出会った、何に使うかわからないけど、思わず買ってしまった品々。今回は、ROSE BUDエスパル仙台店スタッフのChiharu Hiramaさんの愛すべきアイテムたち。



哀愁漂う何とも言えない表情に惹かれて




私が思わず買ってしまったのは、「こけし」。「こけし」とは江戸時代後期頃から、東北地方の温泉地において湯治客に土産物として売られるようになった木製の人形。温泉旅行で訪れた宮城県・遠刈田温泉「温泉山荘 だいこんの花」で今年の1月に購入した。



購入のきっかけとなったのは、ふらっと立ち寄ったお土産売り場。誕生月ごとに一つ一つ違う顔のこけしが並べられているのを見て、その可愛さに思わず心が奪われてしまったのだ。

一点一点職人さんの手で丁寧に作られる「こけし」。顔も手描きなので、すべて一点物だ。それぞれ微妙に違う顔をしているので、見ていて楽しい。その哀愁漂うなんとも言えない表情にグッとくるのだ。



もともと誕生日ごとなどのシリーズで展開されているグッズなどに惹かれがちな私だから、こけしを買ったのも必然的だったのかもしれない。普段なかなか行かない珍しい場所に行くと「せっかく来たから」とついつい何かしら買いたくなってしまうのだ。



購入した「こけし」は、自宅の小窓に大切に飾っている。


Profile

Chiharu Hirama(ROSE BUDエスパル仙台店)


副店長&CS&ショッププレス担当。私なりの着こなしでROSE BUDの魅力をSNSで発信していく事が目標! 店舗では全スタッフの接客のレベルを上げてお客様に満足して頂けるお店作りに励む日々。趣味:ジェイソンステイサム様のアクション映画を観る事、ホットヨガ、愛猫を見守る、辛い物を食べる、お酒。
Shop Instagram
My Instaglam


Junk Boxのアーカイブはこちら
Lovable Uselessのアーカイブはこちら


Tag

Writer