ドリームキャッチャーに一目惚れ

JUNK BOX #10 / LOVABLE USELESS #65

ドリームキャッチャーに一目惚れ

Contributed by ROSE BUD

By / 2020.12.02


休日に立ち寄ったガレージセールや、旅先で訪れたスリフトショップなど、偶然出会った、何に使うかわからないけど、思わず買ってしまった品々。今回は、ROSE BUD なんばシティ店 店長・ショッププレスのAki Azanaさんの愛すべきアイテム。



インディアンの神聖な装飾品




私が思わず買ってしまったのは、「ドリームキャッチャー」。初めて購入したものは、5年以上前にROSE BUDに新卒として入社し初めての配属店舗だったROSE BUD COUPLES グランフロント大阪店で手に入れた(残念ながら現在は閉店)。

Dream Halosというブランドのもので、中央に天然石が装飾されている。店舗でひときわ目立っていてすごい存在感があり、一目惚れしてしまった。「自分の部屋に飾りたい!」と、すぐに購入。

ドリームキャッチャーは北アメリカ大陸北部の少数民族オジブワの伝統的な魔除け、装飾品。 柳の枝を曲げた輪に糸を張って蜘蛛の巣に見立てて、悪夢を捕らえて防いでくれるように願ったもの。インディアンにとって神聖なものだからなのか、一目見た時からパワーを感じ、癒された記憶がある。



自宅では、雑誌の切り抜きや友達がプレゼントしてくれたドリームキャッチャーとともに部屋の壁に飾っている。自分の部屋の中での一番好きな場所で眺めていると、自然と気分が落ち着く。見た目もオシャレで可愛くて、悪夢を捨てていい夢を届けてくれるという悪夢除けのお守りなので、縁起が良い。デザインもそれぞれ違うので愛着も湧きやすく、気に入ればすぐにお家に連れて帰ってしまう私なのだ。

Profile



Aki Azana (ROSE BUD Shop Manager)


ROSE BUD なんばシティ店 店長・ショッププレス。趣味はNetflixで海外のリアリティ番組を見ること。コテージなどを借りて山に行き、お酒を飲むことも好き。テントでキャンプにも挑戦したい。
My Instagram
Shop Instagram


Junk Boxのアーカイブはこちら
Lovable Uselessのアーカイブはこちら


Tag

Writer