キャメルのロングコートにパープルのニットCAPで、気持ちはニューヨーカー。

STYLE OF MOVIE #2 / LOVABLE USELESS #11

キャメルのロングコートにパープルのニットCAPで、気持ちはニューヨーカー。

Contributed by ROSE BUD

By / sep.02.2020



映画を観ていると、キャストのファッションから目が離せなくなることがある。かわいいあの少女の80sっぽいファッション。クールなスケーターが着ていたダボダボのTシャツ。「Style of Movie」では、好きな映画をピックアップし、登場人物のファッションを参考に、「旅に出たくなる」スタイリングを紹介します。今回は、ROSE BUDのストアブランドCREOLME GeneHEAVENSなどのMDを担当するAsami Osawaさんが憧れたスタイル。



今回の映画『星の王子様ニューヨークへ行く』




あらすじ
アフリカの某小国の王子が、花嫁探しのためにニューヨークを訪れた。王子は一介の市民を装って、市井の女性を観察するが……。E・マーフィ主演によるロマンティック・コメディ。(Yahoo!映画より)



この映画は決して洒落た感じではないけれど、主人公の王子アキームを演じるエディ・マーフィーがとにかくテンションが高くて、観ていて楽しい気分になれる作品だ。登場するファッションも80年代当時のパンチがあって、バブリーな当時の空気感が表れている。



私が注目したのは、アキームとヒロインのリサがデートに行くシーンのリサのスタイル。キャメルのロングコートにパープルのニットCAPがアクセントになっている。ディナーのシーンではアウターを脱ぐんだけど、INに着ていたピンクのTOPSのデザインも好きで、今でも絶対可愛いと思うスタイルだと思う!



リサと同じスタイリングを着て、冬のニューヨークを歩きたい。Vintage shopに行けたら最高! ずっと昔古着屋でバイトしていたけど、その当時は、まさに80年代っぽい雰囲気の柄や装飾品が派手な古着を好んで着ていた。今は全然そういう着こなしをしなくなってしまったから、ニューヨークのVintage shopに行けたら、その当時好きだったような派手なアイテムを買ってみたい。そして、それを着てさらにVintage shop巡りをしたい。



私の旅に出るときのスタイルは動きやすさと自分のキャラ重視で、パンツスタイルが多い。外せないのはプリントT。ゆるっとしたサイズでシンプルなものとか、ハードなビジュアルのフォトTとか。あらためて考えると特別な格好はせずに、普段のカジュアルな着こなしのまま、そのままの自分で旅に出てるみたい。



ちなみに、2020年12月に『星の王子様ニューヨークへ行く』の続編が全米公開予定らしい! これは見るしかない!!

Profile



Asami Osawa(CREOLME・GeneHEAVENS MD)


入社8年目。企画・デザイナーとして入社後、MDに転身。20年秋冬よりCREOLME GeneHEAVENSなどのストアブランドのMDに。趣味は、韓国ドラマ見ること、神社とお寺で祈ること、陶芸(始めたばかりでコロナになり現在ストップ中…)。好きなものは、カレー(作るのではなく食べに行く派。今全然できてなくて悲しい)食品サンプル(見るのも楽しいし、買うし、作ったものも有)。


STYLE OF MOVIEのアーカイブはこちら
LOVABLE USELESSのアーカイブはこちら


Tag

Writer