ニコールキッドマンの真っ赤なドレス

STYLE OF MOVIE #12 / LOVABLE USELESS #81

ニコールキッドマンの真っ赤なドレス

Contributed by ROSE BUD

By / 2021.01.06


映画を観ていると、キャストのファッションから目が離せなくなることがある。かわいいあの少女の80sっぽいファッション。クールなスケーターが着ていたダボダボのTシャツ。「Style of Movie」では、好きな映画をピックアップし、登場人物のファッションを参考に「旅に出たくなる」スタイリングを紹介します。今回は、ROSE BUD ONLINE STORE含むECサイト全般を担当するMaho Sekikawaさんが憧れたスタイル。



今回の映画『Moulin Rouge!』




あらすじ
舞台は1899年、パリの魅惑的なナイトクラブ、ムーラン・ルージュ。作家を目指してパリに出てきたばかりのクリスチャンは、このクラブの花形スターであり高級娼婦のサティーンと恋に落ちる。が、彼女を我がものにしようとする公爵が登場し、悲劇が起こる。「ロミオ&ジュリエット」(96)のバズ・ラーマン監督がミュージカル映画に挑戦。音楽、振り付け、撮影、編集、美術、衣装ともに同作のスタッフが集合、一大映像絵巻を展開。(映画.COMより)



この映画を初めて見た時印象に残ったのが、ファッションショーを見ているかのような豪華絢爛な衣装と圧倒的な音楽、そして出演者の歌唱力! 目まぐるしく移り変わる映像に酔いしれつつ、見終わった後の虚無感と頭に残る音楽が癖になる作品だ。それに、なによりもニコールキッドマンの美しさに惚れ惚れする! 『Moulin Rouge!』の世界観に魅入られた私は、実際のMoulin Rougeにも足を運んだ。

映画の登場人物のファッションの中で、『Moulin Rouge!』の真っ赤な外観を象徴するような、ニコールキッドマンの真っ赤なドレスがとても素敵! 一般の人が普段着るようなドレスではないけど、目の保養になる豪華絢爛なドレスだ。



映画に出てくるようなきらびやかなファッションは見ているだけでも充分だけど、作品の舞台となったパリにもう一度行きたい。パリの街を一望できるモンマルトルの丘では、たくさんの画家が絵を描き販売していた。芸術の街・パリにふさわしいこの場所は歩いているだけでワクワクした記憶がある! それと、パリの街並みをゆったり歩きながら美術館巡りもしてみたい。

ちなみに、普段私が旅に行く時のスタイルは、"カジュアル""リラックス""ちょっとオシャレをして行きたい"など旅先で過ごす「シーン」をイメージしそれぞれのコーディネートを考える。あれこれ考えるうちに荷物がどんどん増えてしまって、結局着ないこともしばしばだけど…。

Profile



Maho Sekikawa (ROSE BUD WEB)


ROSE BUD ONLINE STORE含むECサイト全般を担当。趣味:映画鑑賞。最近は子供の影響でサッカー始めた。
ROSE BUD ONLINE STORE


STYLE OF MOVIEのアーカイブはこちら
Lovable Uselessのアーカイブはこちら


Tag

Writer