San Clemente #4

何もない贅沢なモーテル / かわいい水着が生まれる場所

Contributed by anna magazine

Local / jan.31.2018

Beachcomber Inn


ビーチの景色以外何もない贅沢なモーテル。


ロサンゼルスから南へ約1時間ほど走ったところにある、ビーチタウン、サンクレメンテ。フリーフェイを降り、サーフショップやサーファー御用達のカフェやドーナツ屋の並ぶエル・カミノ・リアルの通りを越えて、ビーチへ続く丘を下る。そうすると見えてくるのがサンクレメンテのピア。その美しいピアを存分に眺めることのできる一等地にあるモーテル、Beachcomber Inn。



全12室というとても小さなモーテルの部屋はすべてオーシャンビュー。豪華なロビーも手厚いサービスもないけれど、このロケーションとリラックスできる部屋はどんな豪華なホテルに泊まるよりも贅沢って思える。ベッドルームは広くないけれど、部屋の前に広がる手入れの行き届いた美しい庭がリビングルーム。モーテルに宿泊している人たちは自由にバーベキューを楽しんだり、太平洋に沈む太陽を眺めたり。何もない、何もしない贅沢を楽しめる最高のモーテル。



Data
12部屋しかない小さなモーテルなのでなかなか予約が取りにくいけれど、当日キャンセルが出ることもあるので、あきらめず直接電話してみるのがおすすめ。海の見える庭でバーベキューも楽しめます。
533 Avenida Victoria,San Clemente CA 92672
(949)492-5457
thebeachcomberinn.com

Interview: Amanda Chinchelli


サーファーガールから絶大な人気を誇るSeeaの水着が生まれる場所。


「どうしてそんなに可愛い水着を作り続けられるの?」とSeea(http://www.theseea.com/)のオンリーデザイナーであり、創業者であるアマンダにそう聞いてみると、「この永遠の夏のようなサンクレメンテの太陽と、美しい波、そして私が生まれ育ったイタリアが恋をしたの」。そんな答えが大きなひまわりのような笑顔と一緒に返ってきた。「でもね、すべてはサーフィンから起きていることでもあるの」と彼女は続ける。



「あなたもわかると思うけど、サーフィンしているとき、水着がずれたりすると気になるでしょ。けれど、競泳水着は着たくなかったの。“かわいくておしゃれで、サーフィン中に着られる水着”ということで私のベイビーたちが産まれてきたのよ」。そんなインスピレーションが製品となって、今や世界中のサーファーガールたちの心をとらえて離さない水着ブランドとなった。カリナやルーキーに代表されるSeea Babesというチームライダーは、サーフ女子の憧れの存在でもある。波に乗るのがとても上手で、そのライディングのスタイルも美しいサーファーだけが、このSeeaのチームライダーになれるのだ。



「波に乗ることが上手なだけではだめなの。女の子ならではのエレガントさと、そして誰からも愛されるマナーとスタイル、それらを兼ね揃えている子をサポートしたいの」と言いながら、アマンダをビジネスでも支えている素敵な夫のブライアンと目を合わせる。今ではそのコンセプトもすっかり定着して、南カリフォルニアのどこのビーチにいってもSeeaの花が満開に咲いている。各製品のテーマは世界中に点在する美しい波。その波でサーフしている自分を思い描きながらデザイン画をスケッチしていく。海好きな女の子たちのたっぷりの笑顔と太陽。そして優れたイタリアンデザイナーが織りなすブランド、それがSeeaで、このブームは当分終わりそうにない。



(Beachcomber Inn)写真:小尾 淳介/文:竹村 卓
(Interview: Amanda Chinchelli)写真・文:Naki

Tag

Writer