〈HAPPY OUTSIDE BEAMS × TRAIL WORKS〉

“セカンドハウス”でどこにトリップする?

Contributed by anna magazine

Local / oct.16.2020

「今週末、ちょっと出かけない?」

近くまで買い物に行くくらいの感じで旅に出かけるのが好き。

そんな時、決まって行くのは人気の少ない自然の中。

キャンプが好きなんだ。



都心から離れ、車の窓の向こう側に少しずつ緑が多くなってくるとワクワクしてくる。キャンプ場に到着してすぐにすることは、車から降りて澄んだ空気を思いっきり吸うこと。この瞬間、一気に解放された気分になるんだ。

テントを張るのは何度やっても苦手だから、サポートする方に回る。でも料理は得意だから夕飯や朝食作りは自分の担当。

夜は焚き火を囲んでいろんな話をして、朝にはコーヒーを淹れてのんびりする。

これが定番の過ごし方なんだ。

「ここにトレーラーハウスがあれば最高なんだけどな」



そんな時に見つけたのが〈TRAIL WORKS〉のトレーラーハウス。
〈HAPPY OUTSIDE BEAMS〉がプロデュースしたらしいんだけど、想像以上におしゃれでびっくり! 見た瞬間、「これ欲しい!」って友達に言ってたくらい。



“セカンドハウス”をテーマにしていて、グレーとライトブラウンのウッドをベースにホワイトを差し色にした内装は、トレーラーっぽさがなくて本当の部屋みたいな雰囲気。エアコンもキッチンも搭載されていて、セカンドハウスにぴったり!

中央のクッションは可動式になっていて、テーブルを囲んでみんなでワイワイできるし、昇降式のテーブルを下げるとフラットになってベッドにもなるみたい。



自然の中にいながら、自分の部屋のようにゆったりとくつろげるなんて最高!



トレーラーの外観もスタイリッシュな印象。下部は木目調のデザインになっていて、アルミ素材に木目のアンバランスさが私好み。ホイールにはブラックのスチール素材を使っているからカジュアルダウン。



コンパクトなサイズなんだけどラゲッジスペースには、4人分のチェアやテーブル、調理器具やクーラーボックス、食材まで収納できて機能性抜群! 開口部は跳ね上げ式で大きく開くから、荷物をスムーズに積み降ろしできるのも嬉しいポイント。



トレーラーをけん引するのに特別な免許が必要なのかな? って心配してたけど、要らないみたい。ジョイント部分も必要なのは“ヒッチメンバー”と呼ばれるけん引装置と、電気配線だけ。高速道路も通行できるから日本のどこへでも“セカンドハウス”を持っていけるんだ。



〈HAPPY OUTSIDE BEAMS × TRAIL WORKS〉のキャンピングカーを買ったら、少しずつ自分好みのアイテムやインテリアを揃える。どこでもくつろげる本当のセカンドハウスにするんだ。

1泊2日なんて言わず、長い休みに色んなところを巡りたいよね。



(問い合わせ)
〈K WORKS 豊橋本社〉
TEL:0120-223-448
営業時間:9:30〜18:00
定休日:毎週月曜日

〈K WORKS ショールーム〉
愛知県春日井市東野町10-15-10
TEL:​0568-27-7322
営業時間:10:00〜18:00
定休日:毎週月曜日

〈HAPPY OUTSIDE BEAMS × TRAIL WORKS〉Special WEBコンテンツ
https://www.beams.co.jp/special/happyoutside/trailworks/

〈K WORKS〉
https://kworks-aurora.com/

Tag

Writer