小さくて狭い私のお城

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / nov.03.2018

聞こえ👂は悪い🙅かもしれないけど、
トイレ🚾に籠城したくなるときがある💡
あの空間の心地よさ✨
トイレの壁にブックシェルフを取り付けて、
本📔を置いておく人がいることを知ったときはちょっとびっくり😳したけど、
私にはその気持ちがわかる👌
あの狭さ、あの気兼ねなさ🚽
別に特別に何かできるわけでもない“無”な感じが、なんか恋しい💕
これは、もしかして、もしかすると、少数派……?🙄

have a good day💁💕
anna👩

→→→→→→→→→→→→→→→

トイレのリニューアルのお知らせ。

そうそうあるものじゃないお知らせ。
ラフォーレ原宿地下1階のトイレがリニューアルしたそうだ。
居心地の良さはどんなもんだろう?



「ラフォーレ原宿のトイレで開く、"アート"と"カルチャー"の窓」

10月27日より、ラフォーレ原宿の地下1階トイレがリニューアルされた。新しいトイレの内装アートディレクションは、ラフォーレ原宿のキャンペーンビジュアルを複数手掛けてきたアートディレクター 鳴尾仁希が担当。(デザイン協力:山家 章宏)「ラフォーレ原宿のトイレで開く、"アート"と"カルチャー"の窓」をコンセプトに、アートギャラリーを兼ねたトイレをデザインした。

初回の作品展示アーティストは写真家・大野隼男。「原宿の魅力に取り憑かれた神様」をテーマに、ノスタルジックな空気を纏ったファンタジーの世界を表現した作品を展示している。

【写真展概要】
「写真家/大野隼男Created in collaboration with  HITOKI NARUO」
会期:2018年10月27日~2019年3月まで(予定)
時間:11:00~21:00
住所:〒150-0001東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿 B1F トイレ
https://www.laforet.ne.jp/

■PROFILE
大野 隼男(おおの としお)
1986年生まれ。2015年にCOMMERCIAL PHOTOにて次世代のクリエーターに取り上げられ、ドラマチックな写真に高い評価を得ている。数々のファッションブランドや雑誌、アーティスト写真、広告を手がけ、近年は海外アーティストのワールドキャンペーンや、国内では井上陽水の9年ぶりに発売されたシングル「care」のCDジャケットなど活躍の場を広げている。2017年には個展《Over the Rainbowを開催。

Tag

Writer