意外なところに発見が。

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / jan.09.2020

友達とダイナーでご飯を食べていた時のこと🍔

ふと外に目をやると、1台のトラックが止まっていた🚚
その車体にデザインされていた企業のロゴがとてもイケてたんだ💥

ファッションとかと違って、クールさとは無縁だけど、ロゴがカッコいいだけで惹かれてしまう👀

意外なところにも新たな発見がある。そんなことに気づいた習慣だった✌

More later, my friend.
LUKE
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
企業ロゴでクールなデザインといえば、DHL! LA発のグローバルライフスタイルブランド「CASETiFY」とのコラボアイテムが本日発売!



カスタムできるスマートフォンケースやアップルウォッチバンドが海外セレブや国内外の著名人・インフルエンサーの中で話題となり、SNS投稿から人気に火が付いた、L.A発グローバルライフスタイルブランド「CASETiFY(ケースティファイ)」は、国際航空輸送会社のDHLとタッグを組み、去る10月にオンラインやポップアップストアでDHLの50周年を記念した限定テックアクセサリーコレクションをグローバルで発売した。
このアニバーサリーコレクションは、熱狂的なファンにより、世界中から10万件以上ものウェイトリストが登録され、オンラインでは初回のグローバルローンチでまたたく間に完売した。

今回ファンの要望に応えて、2020年1月9日に「DHLとテクノロジーの未来」にインスパイアされたDHL×CASETiFYの第二弾を発売。https://www.casetify.com/ja_JP/dhlより購入でき、DHLエクスプレスにて世界中に届けられる。

“50 Years of DHL,”と名付けられたコレクションの第二弾は、グローバルに認知されているDHLのブランディングにインスパイアされ、シグネチャーの運送状やコーポレートカラー、ロゴなどをCASETiFYでアレンジ。前回のコレクションの延長線上にあるデザインとして取り入れられている。デジタル界でEコマースの先駆者であるCASETiFYは、その遊び心を忘れず、ロゴをベースにしたテープや運送状などのデザインを通して、今回インダストリアルをテーマにしたアートディレクションに挑戦。ロゴテープはベストセラーとなった2018年のコレクションのアップデート版でもあり、運送状はDHLと世界中のカスタマーを繋ぐテクノロジーを表現している。



新たにDHLエクスプレスのパッケージをモチーフにしたシリコン製の「AirPodsケース」も登場。テックアクセサリーの幅も広げ、様々なデバイスにも対応。 iPhone ケースやSamsung Galaxyケース、クリア(TPU) Apple Watchバンド、AirPodsの第一世代、第二世代に加えてAirPods Pro対応のケースも仲間入りし、スマホスリングやワイヤレス充電パッドと豊富に取り揃えている。



DHL x CASETiFYコレクションはシリーズに分かれて順次発売予定。各シリーズで、テックアクセサリーにオリジナリティ溢れるデザインをラインナップ。第二弾のオンラインローンチでは、限定コレクションの商品を購入された先着100名様にスペシャルプレゼントを用意。オフライン販売に関しては、香港のラグジュアリーショッピングモールLandmarkで開催中のCASETiFYポップアップストア「CASETiFY STUDiO」をはじめ、グローバルでポップアップを開催する予定。

DHL x CASETiFY限定コレクションは、CASETiFY.comにてUS35ドル(3,800円)からの限定販売で、DHLエクスプレスにて届けられる。

詳細については、CASETiFY公式サイトhttps://www.casetify.com/ja_JP/dhl
DHL Express Hong Kong ソーシャルメディア
(Facebook: @DHLExpressHongKong, Instagram: @dhlhk) にて!

Tag

Writer