WATER ME!!

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / aug.14.2019

ある夏の日、友達と湖へドライブに出かけた。

親のおさがりの古いフォルクスワーゲンのゴルフに乗って、ハイウェイを走っていた時、突然車が動かなくなってしまった。

どうやってもエンジンはかからない。

仕方がないからジリジリと照りつける太陽を背に車を押しながら、ガソリンスタンドまでみんなで力を合わせて車を運んだんだ。気温は40度以上、飲み物も底をつき、全員瀕死状態。思わず「WATER ME!!」と叫んでしまった。

やっとの思いで到着した時に飲んだ、あのミネラルウォーターのうまさが忘れられない。

水のありがたみを初めて感じた瞬間だった。

その時に普段何気なく使っている水だけど、
かけがえのない存在だったんだということにあらためて気付かされたんだ。

More later, my friend.
LUKE
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
水は地球の資源。大切にしていきたいよね。
そういえばVolcomがデニム製造における節水プログラムをローンチした!



ユースカルチャーのクリエイティブな精神を体現するモダンライフスタイルブランドであるVolcom(ボルコム)は、メンズ、ウィメンズ、キッズ向けデニムコレクションの節水プログラム“WATER AWARE“を発表した。



Volcomのサスティナビリティ探求の重要な節目であるこの“WATER AWARE”は、デニムの製造における節水ウォッシュ加工および仕上げプロセスを特徴としており、従来の工程より、デニム1本あたり平均13リットルの水を節約が可能となる。2019年の残りの間に、水の使用量を40%削減し、推計約400万リットルを節水できる見込みだ。



また、Volcomの“WATER AWARE”プログラムは「ストーンレス」を導入しており、デニム製造におけるウォッシュ加工の段階で、軽石を使用しない取り組みも行っている。これにより、水の使用量の削減、廃水の清浄化、軽石を採鉱するための重機の使用がなくなり、全体的なエネルギー消費量が削減が期待されている。またVolcomは、仕上げ技術としてレーザー加工を採用しています。これもまた、環境への影響を減らすことへの積極的な貢献と言える。



この“WATER AWARE”プログラムは、公正労働協会の認定や、オーガニックコットン、REPREVE®のヘンプ繊維、Econyl®のリサイクル繊維などのサスティナブル素材の導入に続く、倫理的およびサスティナビリティへの取り組みのネクストチャプターだ。Volcomはこれに献身的に取り組み、すでに“WATER AWARE”プログラムを採用した多くのウォッシュ/カラーを追加しています。デニムの終身にわたるライフサイクルのさまざまな段階を通して、他の節水方法を模索し続けている。





“WATER AWARE”プログラムの詳細は下記サイトにて!
https://www.volcom.jp/blogs/campaigns/wateraware-jp

Volcomの“WATER AWARE”デニムや、その他の環境に優しい製品はVolcom.jpで購入可能なのでお見逃しなく!

VOLCOM JAPAN
TEL : 03-5771-4557

Tag

Writer