ファッションもアートだね!

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / dec.26.2019

休みの日に美術館に出かけてみる🚶‍♀️
私の知らない文化や触ったことのない質感、
見たことない色づかいにいつもドキドキする...✨

アートに触れた日の帰り道は、
いつものダイナーに寄って
派手な色のアイスを頼んじゃうの😋

have a good day💁🏼‍💋
anna👩🏼
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→


CABANE de ZUCCa 南青山にて
パリのアーティスト Christophe BrunnquellとZUCCaがお届けする2020年の幕開けへのカーニバル “carnaval 2020”が開催中。

独創性とユーモアに満ちたアートワークが光るコラージュ作品で彩られた限定アイテムを12月20日(金)より発売。また南青山店では、パリ在住のセラミックアーティスト Han-Chiao が手がけるセラミックに、Christophe Brunnquell のドローイングで彩ったコラボレートセラミック(カップ、プレート、 花瓶)をはじめ、ZUCCa 定番のアイコンバッグ・バックルバッグのスペシャルモデルなど数量限定アイテムも発売中。



Han-Chiao パリ在住のセラミックアーティスト。台湾出身のHan-Chiaoは、20代前半にオーストラリアに住んでいたころ、セラミックに魅了された。the Royal Melbourne institute of Technologyで写真を学んだ Han-Chiao はパリに移住しファッションフォトグラファーとしての経験を積む。その間もいつかセラミックを作ると いう目標を失わず、その情熱を探るためにフォトグラファーのキャリアに並行してセラミックアーティス トとしての活動を始めた。今日、Han-Chiaoはパリのアトリエで唯一の作品を作ることに彼女の時間を捧げている。https://han-chiao.com/



CABANE de ZUCCa南青山では、日本初となる原画展“carnaval 2020”も開催。迫力満点の作品は販売も行われている。また、Christophe Brunnquell が今までに作りためたコラージュアートの中から今回の企画のために特別編集したアートブックも50部限定で発売。



Christophe Brunnquell パリ在住のアーティスト。フランスを代表するインディペンデント・ファッション誌『パープル』で長年 アートディレクターを務め、創刊者オリヴィエ・ザームとエレン・フライスとともに90 年代のファッシ ョンとカルチャー・シーンを牽引してきたパイオニア。その他、フランスの主要新聞『リベラシオン』や 『ル・フィガロ』、トップメゾン『ルイ・ヴィトン』や『バレンシアガ』、パリのセレクトショップ『コレ ット』をはじめ、『ヴェネツィア・ビエンナーレ』、『ファビアン・バロン』、『コズミック・ワンダー』などとのアートディレクションやデザインコンサルティングを務めた。現在は、ドローイングやコラージュ といったアートワークを中心としたアーティストとしての活動を精力的に行っている。

『carnaval 2020』展
期間:2019年12月20日(金)~2020年1月9日(木)
会場:CABANE de ZUCCa 南青山(港区南青山 3-13-14 )
時間:11:00~20:00(入場無料)
Tel:03-3470-7488

2019年12月20日(金)
発売商品
Tシャツ(半袖・長袖)、スウェット、バッグ(巾着型・トート型)、ポーチ、ノート、クリアファイル、カップ、プレート、アートブック、セラミック、バックルバッグ

全国の ZUCCa、CABANE de ZUCCa、HUMOR SHOPおよびECサイトにて発売(アイテムにより店舗限定発売)
※アートブックやセラミック、バックルバッグは、南青山店限定発売

Tag

Writer