特別な、ともだち。

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / aug.03.2020

小さい頃、特別なともだちがいた🎶

それは、スヌーピーのぬいぐるみ💕

いつも抱きしめながら寝ていたっけ💭

彼がいないと落ち着かなくて、泣きじゃくっていた😭

それくらい大好きだったんだ✨

今でも窓際で、いつもの笑顔を見せてるよ✌

have a good day💁🏼‍💋
anna👩🏼


スヌーピーといえば、リーバイス®のスポーツラインとのコラボアイテムが発売されるんだ!



リーバイス®は、8月4日(火)に「Levi’s® x PEANUTS® Summer 2020」を発売する。
2018年、2019年に続く第3弾は、チームスピリットを表現したクラシックかつスポーティーでカラフルなコレクションだ。



1980年代、リーバイス®はスポーツウエアラインを展開しており、当時採用されていたタグのグラフィックデザインがリーバイス®スポーツロゴのはじまりです。本コレクションは、当時展開していたリーバイス®のビンテージスポーツウェアにインスパイアされ、リーバイス®スポーツのロゴの上に、ランニングをしているスヌーピーとウッドストックがあしらわれたスペシャルロゴモチーフや、当時を想起させるスポーツテイストのトラックスーツなどを展開します。スポーツテイストを踏襲しながらも、デイリーにお使いいただけるレトロで遊び心があるコレクションを楽しんで!





About the Levi’s® brand
1873年に世界で初めて「ジーンズ」を誕生させ、1890年には501®を発表、「伝統と革新」というコンセプトのもとに様々な銘品を世に贈るLevi's®。いつの時代も核となってきた501®を中心に新しいスタンダードを打ち出し続けるLevi's®ジーンズは、時代を切り拓いてきた世界中のパイオニア達に愛され、今もなお、最良の定番として愛され続けている。2019年には、ブランドアイコンである501®が、時代と共に変化する価値観を超えて、スタンダードであり続ける力を持ったデザインを顕彰する賞であるグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。

About Peanuts®
チャールズ M.シュルツ氏が初めて「ピーナッツ」の仲間たちを世の中に紹介したのは、1950年。「ピーナッツ」が7つの新聞紙上でデビューを飾った時だった。それ以来、チャーリー・ブラウン、スヌーピーをはじめとするピーナッツ・ギャングたちは、ポップカルチャーに不滅の足跡を残してきた。2019年11月1日からApple TV+で始まった新シリーズ“Snoopy in Space”をはじめ、「ピーナッツ」のアニメーション作品は、特番や帯番組として、米国ではABCのほか、アニメ専門チャンネルのCartoon Networkやboomerang、カナダではFamily Channel、そして世界規模ではYouTubeのWildBrain Sparkのネットワークなど、主要ネットワークやストリーミングサービスで放送されています。また、世界中のファンの皆様には、多種多様の商品、アミューズメントパークのアトラクション、文化イベント、ソーシャルメディア、そして伝統的な紙媒体からデジタルまで各種媒体で掲載されている連載コミックなどを通して「ピーナッツ」を楽しんでいただいています。さらに2018 年、「ピーナッツ」は、NASAとスペース・アクト・アグリーメントで複数年の提携をしました。このスペース・アクト・アグリーメントは、宇宙探査とSTEMへの情熱を啓発するよう次世代の子供たちに向けてデザインされたプログラムです。「ピーナッツ」のキャラクターおよび関連する知的財産権は、WildBrainが41%、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが39%、チャールズ M.シュルツ氏のファミリーが 20%を保有している。

日本では株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがエージェントとして、ライセンスビジネスを展開。そして2020年10月2日に迎える原作コミック連載満70周年を前に、2019年10月2日より70周年アニバーサリーイヤーがスタート!

■関連URL
・日本のスヌーピー公式サイト http://www.snoopy.co.jp/
・日本のスヌーピー公式Facebook ページ「Snoopy Japan」 https://www.facebook.com/SnoopyJapan
・日本のスヌーピー公式twitter アカウント「Snoopy Japan」 https://twitter.com/snoopyjapan

〈問い合わせ先>
リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社/ LEVI STRAUSS JAPAN K.K.
Tel 0120-099-501 / URL: levi.jp

Tag

Writer