小さな応援

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / jan.31.2020

オーストラリアの森林火災🔥

たくさんの人や動物が被害を受けていて、

「何かできることはないか?」って考えてみた💭

ほんの少しだけ気持ちを行動に変えてみるだけで
何か変わるはず💡

遠くにいても、力になれることはたくさんある🙋

出来る事を少しずつ、だよ🙏

have a good day💁🏼‍💋
anna👩🏼

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
オーストラリア発祥の「bills」を食べて、オーストラリアを支援しよう!



オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング「bills」が、全世界19店舗で、オーストラリア森林火災救援のための募金を開始した。
日本国内全8店舗では、2月15日(土)まで、オーストラリアにゆかりのある2つのメニュー「アボカドトースト」、または「パブロバ」のご注文1皿につき3オーストラリアドル(AUD)を、オーストラリア赤十字社へ寄付する。
「bills」は、1993年にシドニー・ダーリンハーストに1号店目をオープンし、レストランターであるビル・グレンジャーは、 創刊90年を越える米雑誌「The New Yorker(ザ・ニューヨーカー)」により、“オーストラリアスタイルのダイニングを 世界的ブームにした男”と称されている。オーストラリアに生まれ、オーストラリアの食文化を世界に広めるレストランとして、昨年9月から続いている森林火災で今も拡大する被害の救援のために、全店舗が協力し今回の寄付活動を実施する。



注文により募金に参加いただける2つのメニューは、世界中のbillsで長年愛され続けるオーストラリアにゆかりのあるメニューだ。『アボカドトースト フレッシュコリアンダーとライム添え』は、世界中でアボカドトーストが流行する中、 米ニューヨークタイムズ紙により“1993年のシドニー1号店オープン時に、billsが世界で初めてメニューに載せた”と 報じられ話題となった。『パブロバ 苺、ローズウォータークリーム』は、オーストラリアやニュージーランドの伝統的な 焼き菓子“パブロバ”に、ピスタチオを加えローズ風味の軽いクリームとイチゴをふんだんに盛り付けた、人気のデザートメニュー。発祥の地であるオーストラリアの森林火災救援の一助となるべく、billsは支援を続けていく。

【日本 8店舗】
七里ヶ浜/ 横浜赤レンガ倉庫/お台場/表参道/二子玉川/福岡/銀座/大阪
【オーストラリア 3店舗】
ダーリンハースト/サリーヒルズ/ボンダイビーチ
【ロンドン 4店舗】
※ロンドンは「Granger & Co.」 ノッティングヒル/クラークンウェル/キングスクロス/チェルシー
【ハワイ 1店舗】
ワイキキ
【韓国 3店舗】
チャムシル/クァンファムン/カンナム

Tag

Writer