グルメな友達

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / sep.21.2019

グルメな友達って、いるよね。

あの店のアレが美味しいとかあのエリアだったらあの店がマストとか、いろんなグルメ情報が次々と出てくる。

誰でもお腹は空くし、何かしらご飯への興味を持っているはずだから、食通の友達は誰とでも話題が尽きない気がする。

美味しいものを食べれば元気がもらえるし、笑顔になる。

食は、人と人を繋ぐ架け橋でもあるんだ。

More later, my friend.
LUKE

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
今週末、日本各地のうまいが駒沢公園に集結! 東京ハーヴェスト2019が開催!



農家、漁師、畜産家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、感謝と尊敬の 気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」が2019年9月21日(土)・22日(日)の2日間、駒沢オリンピック公園中央広場にて開催される。 本イベントでは、ここでしか食べられない限定メニューや地域性豊かな美味しさを分かち合い、価値の高さを再認識する場を提供。キッチンカーを始め、収穫の秋にふさわしい限定グルメが全国から多数出店。生産者と直接交流しながら味わうことができる。

屋台エリアでは、ここでしか食べられない限定メニューが目白押し。和牛「日本短角種」の国内流通量は、肉用 牛全体のわずか1%。岩手県の広大な放牧地で澄んだ空気と水、たくさんの牧草に恵まれて過ごし、手間ひまと愛情をかけて育てられているため、みずみずしくあっさりとした赤身肉を牛串で堪能できる。また、140年以上続く、真鶴の干物屋さんが作る穴子のみりん干しをフレンチのシェフがアレンジした神奈川のブランド豚との「ミルフィーユ串」なども見逃せない。また、東京の酒蔵が醸した「東京の地酒」、東京深川のワイナリーからは「日本ワイン」、ツウ好みの鹿児島産の本格焼酎やフレッシュな味わいのクラフトジンなど蔵出しの酒を生産者から直接買えるのも本イベントならでは。

マルシェエリアでは、全国各地からフレッシュな野菜やフルーツ、平飼いのたまご、自家製パン、非加熱のはちみつなど農産加工品が多数出品予定。創業からきのこ一筋・静岡のきのこ問屋からは、ピンクやレモンイエローなど色とりどりの珍しいきのこや、きのこを使ったカレーやハンバーガーパティなどの加工品も。各地から直送された秋の実りを手に取り、実際に目の前の生産者と直接交流しながら産地に思いを馳せてみよう!



また、台風15号の被害にあった生産者を支援するため、被災した生産者が作った野菜の「寄付金付・千葉野菜のミネストローネ」を会場で販売する。(イメージ)


東京ハーヴェストについて
2013年にスタートした本イベントは今年で7回目を迎え、来場者数は年を追うごとに増加。昨年も2万人以上が来場した。今年は駒沢オリンピック公園に会場を移し、秋の味覚や旬を味わえるキッチンカー、生産者のこだわりが伝わる食材を販売するマルシェなど、ここでしか得られない「体験」「参加」型コンテンツを多数用意。大規模フードイベントを通じて、日本が誇る食や農業、漁業、畜産業の魅力を発信している。
■開催概要
日時:2019年9月21日(土)11:00~18:00 ・ 22日(日)10:00~19:00 会場:駒沢オリンピック公園・中央広場
(〒154-0013 東京都世田谷区駒沢公園1-1) 入場:無料
公式ホームページ:http://www.tokyoharvest.com/ 公式Facebook:https://www.facebook.com/tokyoharvest/ 公式Instagram:https://www.instagram.com/tokyo_harvest/

Tag

Writer