スケートボードほど自由なものはない。

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / jun.02.2019

この前、プロスケーターの動画を見てたら、こんなことを言ってた。
「オーリーができないとスケボーを楽しんじゃいけないって思ってる人がいるけれど、そんなことない。スケボーで街を滑ってるだけでもいいし、究極、スケートボードを家に飾ってるだけだっていいと思ってるんだ」

聞いた時に、自分がスケボーを好きな理由が全部詰まってるって思った💯
スケートボードが好きなら、楽しみ方は自由。
だからいろんな人が集まるし、そこから新しいカルチャーが生まれてくるんだ。

最近は女の子のスケーターも増えたし、オリンピック競技にもなるし、
これからのスケートボードの広がりが楽しみ❗
それじゃ、一滑りしてくるよ🤟🤟

More later, my friend.
LUKE
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

LUKEが言うように決まったルールはなく、誰もが自由に楽しめるのがスケートボードのいいところですよね。でも、交通ルールだけは守って楽しんでくださいね。
そんなスケートボードの世界で注目される北欧発のブランドが日本に上陸です!

SWEET SKTBS(スウィート スケートボード)はスウェーデン西部のコンクリートの遊び場から生まれたブランド。1999年からスタートし、寒い北欧のスケートボーディングカルチャーが元になっています。
今までにUMBROやHELLY HANSENなどのブランドとのコラボレーションを行い、最近ではアーティストのSean Cliverとのコラボレーションを発表。
また、ニューヨークで女性スケートクルーと活動も行なっており、初心者向けのスケートキャンプなども積極的に実施している。

そして、2019SS COLLECTIONを6月5日より日本国内で販売開始。ユニセックスでのサイズ展開となっている。





取り扱い店舗

grapevine by k3
東京都渋谷区神宮前4-9-1 1F
03-5772-8099
https://k3coltd.jp/
https://zozo.jp/women-shop/grapevinebyk3/


お問い合わせ

k3 OFFICE
03-3464-5357

Tag

Writer