暮らすように旅したい

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / aug.17.2019

行ってみたい場所、見たいものがたくさんあって、
旅行に行くといつもせかせかしちゃう💦

理想は、ある日はショッピングとナイトライフを楽しんで🎶
次の日は近くの公園やビーチでゆっくり✨
一息した翌日はちょっと遠くへ足を運んで大自然も堪能🌳

そんな風にそこに住んでいるかのような旅に憧れちゃうなぁ💕

have a good day💁🏼‍💋
anna👩🏼

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
9月1日より、西オーストラリア州の州都・パースへ、成田空港からANAの直行便が新規就航します!8年ぶりとなる日本からの直行便就航により、西オーストラリアへの旅が格段に便利に、快適になるはず!



パース市・キングス・パークから眺めるエリザベス・キーの景色。エリザベスキーは再開発によって生まれ変わったスワンリバー沿いのエリア。

日本との時差がわずか1時間のパースは「住みやすい街」として知られ、温暖な気候とインド洋の美しい海、青く広がる空、悠々と流れるスワンリバーなど、自然と都市とが心地よく調和した美しい街。 近年ストリートアートやバーカルチャーが栄え、続々オープンするレストランやカフェ、人気ブティックホテルなど話題のスポットも多彩だ。


ノースブリッジはパース駅の北側に位置する繁華街。国際的なアート、ファッション、歴史的な文化遺産、バーやナイトクラブを楽しめる。


パースで最も人気がある、1km以上白砂が続くコテスロー・ビーチ。市中心部からも近く、様々なウォータースポーツも楽しめる。


パースから電車で30分の人気スポット、フリーマントル。植民地時代の美しい建物が今も残る港町で、毎週金曜日~日曜日にはにはマーケットが開かれ賑わう。


西オーストラリア州には野生の花々、ワイルドフラワーが1万2000種も自生し、7月中旬 から11月中旬にかけて各地で楽しめる。

またパースは、雄大な自然の宝庫、西オーストラリア観光の拠点としても最適で、あらゆる絶景ポイントへのアクセスが可能。太古の大自然をはじめ、ワインやシーフードなどのグルメ、動物との触れ合いなど、まだ知らない西オーストラリアを巡る旅へと誘われる。 西オーストラリア州では、まさに直行便就航直後より様々な魅力的なイベントが繰り広げられ、春を迎えるこれからがベストシーズンだ。


パースから電車で30分の港町フーリマントルからフェリーに乗って30分でアクセスできるロットネスト島で会える“クオッカ”は「世界一しあわせな動物」と称され、一緒にセルフィーを撮るのが人気。

【ANA成田=パース 直行便】
路線:成田=パース
※2019年9月1日(日)より新規開設、毎日運航
ダイヤ:NH881成 田 11:10⇛パース20:15、NH882パース21:45⇛成田 08:25(翌日)
使用機材:ボーイング787 – 8
(184席仕様:ビジネスクラス32席/エコノミークラス 152席)
※当日の運航状況により運航機材が変更となる場合あり。

西オーストラリア州政府観光局 http://www.nonbiri-perth.com/

Tag

Writer