だから、おれは語りたいんだ!!!

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / nov.20.2017

これは、LAST WEEKENDの話なんだけど……。

急に友だちが❗「部屋に敷くおしゃれなラグ🐑が欲しい!」なんて言うもんだから、彼女と一緒に街までショッピング🏢🛍に出かけたんだ。インテリアショップやアパレルショップに入っては「もっと色がきれいな方がいい😁」とか、「もっとアンティークなデザインの方がいい🤔」とか、二人でブツブツ相談しながら、いろいろなショップを回ってたんだ。

そして、あれはランチ🍝の後に行ったショップだから、5件目に訪れたショップかな。少し街外れにある、小さなアンティークショップに入った時のこと。髪の毛をきれいに整えて、ビンテージのショップコート👕をさらっと羽織った60歳くらいのオーナーが一人でやりくりしていたんだけど、このオヤジが最高にカッコよかった!😎 そのルックスもそうなんだけど、ショップにラインナップされているラグの年代、製造工程、エピソードなど、いろいろなうんちくを語れる姿に惚れ惚れしてしまったよ😆。もし懐に余裕があったなら、その友だちじゃなくておれの方が散財💲してしまうんじゃないかってくらい、その言葉には妙な説得力があったんだ。気づけば、横にいる友だちも目がハート😍になっていたよ。

モノについてアツく語れる奴って、男から見ても女から見ても、やっぱりかっこいいんだよな。アイテムのファブリックやエピソードについてを、今後はおれも語っていこうと思ったよ、煙たがられるくらいにさ。そのためにも、まずは身近なアイテムから、もっと強いこだわりを持って揃えていくつもりだぜ👍🏽

More later, my friends🤘

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

「A.P.C.」創始者ジャン・トゥイトゥが語る、キルトストーリー。




私にとってキルトとは、本質的に過去とリンクするものです。それは私たちが使い込んだファブリック、余ってしまったファブリック、つまり過去のファブリックからできています。ある意味、陶器が古い歴史とリンクするのに対し、キルトは同時代の歴史とリンクするといえます。キルトにはマルセル・プルーストの“失われた時を求めて”の登場人物に因んだ名を付けることにしました。なぜなら、キルトが経てきた時の流れにふさわしいから、また、母がプルーストの大ファンで、熱心な読者であったから。実のところ、キルトへの愛を私に教えてくれたのが母だったのです。——Jean Touitou

A.P.C. QUILTS
http://www.apcjp.com/jpn/shop/apc/item/list/category_id/486





Tag

Writer