Go Adventure!

12歳の夏。

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / jan.05.2018



スタンドバイミー🎞の4人👬👬と同じ年のころ。
わたしは彼らのように、🏕「冒険」に燃えて🔥いた。

学校の裏山⛰に巨大な生き物👤が住んでいるという噂があって、
いてもたっても🙀いられなくなった私👧🏽は、
男の子👬を引き連れて裏山⛰を探検することにしたんだ。

12歳の、ある夏の日🌻。

そのときのわたしはガールスカウト🚺に入っていて、
自分に自信があったんだ💪(自分史上最高にね😉)。
道に迷わないように😟木に🌲ポイント🚩をつけたり、
方位磁石🎛を使ったり。必ず男の子よりも先を歩いた⛹🏼。

しばらく歩いたとき🏃🏻。
茂みを抜けて🌿顔を上げた瞬間😱、私の目👀に入ったのは、
何メートルもある巨大な人影👤✨だった。
それは大きな大きな男の人🕵だった。
急いでUターン💨!
とにかく無言で走った💦。誰よりも早く―。

今となっては幻🙈だったのか、
本当に見えていたのか定かじゃないけど、

12歳の夏🏝、いちばん胸❤を燃やした「冒険」✨だったんだ。

anna👩

have a good day💁💋

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
わたしが幼い頃、冒険に燃えたスタンドバイミーや
ストイックなトラヴィスが印象的なタクシードライバーなど、
懐かしい映画にもう一度出会えるチャンスがあるよ!

東京国立近代美術館フィルムセンターでは、新年最初の上映企画「ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント コレクション」を、2018年1月5日(金)から25日(木)まで開催します。
上映作品は全部で17本。デヴィッド・リーン監督『戦場にかける橋』(57)、『アラビアのロレンス 完全版』(62)、マーティン・スコセッシ監督『タクシードライバー』(76)、ロブ・ライナー監督『スタンド・バイ・ミー』(86)、デヴィッド・フィンチャー監督『ドラゴン・タトゥーの女』(11)、レン・ワイズマン監督『トータル・リコール』(12)、ポール・グリーングラス監督『キャプテン・フィリップス』(13)など、50年代の不朽の名作から00年代のヒット作まで、バリエーション豊かなラインナップが上映されます。

【開催概要】
「ソニー・ピ クチャーズ エンタテインメント コレクション」
開催期間:2018年1月5日(金)~1月25日(木)
会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 大ホール(2階)
当日料金:一般 520円/高校・大学生・シニア 310円/小・中学生 100円/障害者(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズは無料
前売り券:2017年12月13日(水) 10:00より、チケットぴあ(Pコード:557938)にて全上映回の前売券(全席自由席・各100席分)を販売。
※販売は各上映の前日23:59まで。
※詳しい上映スケジュールは施設公式ウェブサイト
(http://www.momat.go.jp/fc/)より



<上映作品リスト>

1.戦場にかける橋(161分、1957年、監:デヴィッド・リーン)

2.ナバロンの要塞(156分、1961年、監:J・リー・トンプソン)

3.シベールの日曜日(111分、1962年、監・脚:セルジュ・ブールギニョン)

4.アラビアのロレンス完全版(227分、1962年、監:デヴィッド・リーン)

5.追憶(118分、1973年、監:シドニー・ポラック)

6.タクシードライバー(114分、1976年、監:マーティン・スコセッシ)

7.クレイマー、クレイマー(105分、1979年、監・脚:ロバート・ベントン)

8.スタンド・バイ・ミー(89分、1986年、監:ロブ・ライナー)

9.おとなのけんか(80分、2011年、監・脚:ロマン・ポランスキー)

10.ドラゴン・タトゥーの女(158分、2011年、監:デヴィッド・フィンチャー)

11.トータル・リコール(118分、2012年、監:レン・ワイズマン)

12.アフター・アース(100分、2013年、監・脚:M・ナイト・シャマラン)

13.ホワイトハウス・ダウン(132分、2013年、監:ローランド・エメリッヒ)

14.キャプテン・フィリップス(134分、2013年、監:ポール・グリーングラス)

15.ロボコップ(117分、2014年、監:ジョゼ・パジーリャ)

16.NY心霊捜査官(118分、2014年、監・脚:スコット・デリクソン)

17.イコライザー(132分、2014、監:アントワン・フークア)

【問い合わせ先】
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)



Tag

Writer