ピンチはチャンスに。

ピンチはチャンスに。

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / jan.24.2018

オレには目指している人物像がある。
それは、ピンチをチャンスにできるヤツ‼
映画のヒーロー🏋やスーパースター💫といえば、
みんなクールで強いイメージ💪🏾だけど、
必ずどこかで追い詰められる場面がある。
でも、そのピンチもなにもなかったかのように
機転を効かせて乗り越えていくんだ👍🏻
そんな姿にずっと憧れていた。

ニューヨークから西に進んだところにある
デトロイトという街🏙を通ったときのことだ。
ひと昔前、自動車産業🚗を中心ににぎわっていたこの街も、
アメリカの国産車製造縮小にともなって、衰退してしまった📉
今はあまり治安の良くない街って噂されてる☠

仲間と怖いもの見たさで街の中心街に降りてみたんだけど、
噂に聞いてたゴーストタウンのイメージとはまるで違かった。
デトロイト出身のミュージシャンJack White🎸が
自身のレコードショップを作ったり、
ニューヨークにも店を構える時計雑貨のブランドShinolaの本社があったり、
美味しいクラフトビール🍻のお店もあったっけ。
どんな状況にあってもこの街を愛し、
ずっとクラフトマンシップを大切にしてきた
デトロイトのDNAを受け継いでいきたいという人たちが、
街を復興させようとしている熱い雰囲気が伝わってきた👌🏼

最近は若いアーティストたちが退去した家屋を安く借りて、
そこでアート作品を作ったり、仲間と切磋琢磨したりしてるという話も聞いた。

誰もがもうダメだと思うようなピンチ😵でも、
それをなんとか良い方向↗に変えていく力を
デトロイトの人たちから感じたんだ✌

ピンチはチャンス、オレもいつだって、そんなマインドを大切にしようと思った。

More later, My Friend.

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
LUKEが感銘を受けた街デトロイト。ようやく復興の光が見えてきたけれど、いまの落ち着いた状況になるまでには、大変な事件もたくさん起こっていた。そんなデトロイトの混乱した時期を描いた映画「デトロイト」がまもなく公開される。



<作品詳細>
1967年夏、デトロイト。暴動で街が戦場と化す裏側で、世界を揺るがす“ある事件”が起きていたー。デトロイトの暴動発生から3日目の夜、ミシガン州兵隊の集結地付近で銃声の通報があり、デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵が、アルジェ・モーテルの別館に捜索押収のため乗り込んだ。何人かの警官が捜査手順を無視して、モーテルの宿泊客たちに不当な強制尋問を始めた。この尋問で、居合わせた8人の若者全員を脅迫し自白を強要する「死のゲーム」が展開されていく…。

映画『デトロイト』
20181月26日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
監督:キャスリン・ビグロー
脚本:マーク・ボール
出演:ジョン・ボイエガ、ウィル・ポールター、ジャック・レイナー、アンソニー・マッキー
2017年/アメリカ/英語/142分/1.85 : 1/カラー/5.1ch/原題:DETROIT/日本語字幕:松崎広幸
提供:バップ、アスミック・エース、ロングライド
配給:ロングライド
© 2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.







Tag

Writer