コロンビアのライオン。

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / jan.27.2018

サッカー好きのオレは久々に、背番号10番を背負った歴代の名プレイヤーたちのプレー集をYouTubeで見ていた。バッジオ、ストイコビッチ、ルイコスタ...、往年のファンタジスタのプレーが流れている中、懐かしい選手が出てきた❗

ライオンのたてがみのような金色のヘアスタイル、どっしりとした体型と濃い髭面、中盤でとんでもない存在感を放っていた男、コロンビア代表のバルデラマ🔥

当時、こんな風貌のサッカー選手はラモス以外に見たことなかったオレは、黒髪のラモスとは違って金髪だから、こいつは相当の問題児か不良だと思っていた。というか年齢不詳だった(笑)。

1994年のアメリカW杯が初めて彼を知るきっかけだった。当時は彼のすごさがイマイチ分からなかった。足も遅いし、ずっとセンターサークル付近にいて動かないし、パスを出しているだけ。そんなイメージだった。

でも今見返してみると、いつそのスペースを見ていたの?! と思うほどに絶妙的なパスセンスと正確さ、クロスの精度、足首の柔らかさが一目で分かるボールタッチとコントロール。ボールが彼の元を経由すると必ずゴール前でチャンスが生まれる。裏のスペースを瞬時に見つけてキラーパスを送ることのできる生粋のファンタジスタだった✨

歳を重ねるとサッカーの見方も変わる。小さい頃はFWが一番かっこいいなんて思ってたから、中盤の選手に全く目も向けていなかったけど、今やゴールすることよりもゴールにつながる決定的なパスを出すやつが好きになってしまった。

グーグルで「バルデラマ」って検索してみてよ👌🏼

サイババに似たとんでもないインパクトの男の写真が山ほど出てくるはずだから。

More later, my friends🤘
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
アメリカを代表するアウトドアブランド「コロンビア」から珍しい柄のアウトドアジャケットが登場! 見方によってはデニム? そんな不思議なジャケットです!

デニム生地の風合いをプリントしたアウトドアジャケット!



1938 年にアメリカのオレゴン州ポートランドで誕生し、今年ブランド創業80周年を迎える「コロンビア」から、ドクターデニムホンザワの本澤裕治氏とのコラボレーション第2弾として、ダメージがあるかのように見えるクラッシュドデニムプリントを施した防水ジャケット「WABASHTM PATTERNED JACKET(ワバシュパターンドジャケット)」が2月より発売される。

「WABASHTM PATTERNED JACKET(ワバシュパターンドジャケット)」は、デニム業界で数々の名作ジーンズの開発に携わってきたデニムのスペシャリスト本澤裕治氏とのコラボレーションで開発された2.5レイヤー防水ジャケットで、本澤氏の知識と経験、そこにコロンビアが持つアウトドアウェアのノウハウを融合させて作り上げられている。

特殊な製法によって耐久撥水素材にプリントを施し、デニム×アウトドアという新たな可能性に挑戦。コロンビア独自の防水透湿機能「オムニテック」の搭載やベンチレーションチェストポケットなどのテクノロジーを保持し、トレイルからキャンプ、野外フェスまで活躍する1着だ。

<WABASHTM PATTERNED JACKET(ワバシュパターンドジャケット)>
価格:¥21,000+税
フリーダイヤル:0120-193-803
受付時間 月〜金 10:00〜18:00(土日祝日休み)

Tag

Writer