宇宙への憧れ

宇宙への憧れ

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / mar.15.2018

小さいころ👦、みんなはどんな夢を持っていた?
オレの夢は宇宙飛行士になることだった。

地球🌏上から大気圏を抜けて広大な宇宙空間🌌に解き放たれるってどんな気分なんだろう?
子どもながらに想像し、ワクワクしていたっけ。

無重力空間で飛び跳ねたら、きっとどこまでも飛んで行ってしまうんじゃないか。
地球を見ながらスペースシャトル🚀で食べるカップヌードル🍜は、最高なんじゃないか。
そんな事ばかり考えていた。

今でも宇宙飛行士が飛び立つニュースを見ると
「いつかはオレも!」
なんて心のどこかで思ってる💭

それほど宇宙🌌ってのは魅力的なんだよな。
謎に秘められた空間が冒険心をくすぐるんだ。

この前、テレビ📺で民間の宇宙旅行が紹介されていた。
旅費を見て呆然としてしまったよ。25万ドル💰だってさ。
手軽に宇宙旅行へ行ける日がくることを願って
諦めずに夢を追いかけてみるよ。

More later, my friends.🤘

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

ということで本日ご紹介するのは、グラフィックアーティスト YOSHIROTTEN(ヨシロットン)による展示会「FUTURE NATURE」。宇宙を想起させるような作品の数々は必見です!


2013年の東京での発表以降、ベルリン、ロンドンを経て約4年ぶりの東京での発表となる本展では、YOSHIROTTENの制作テーマ「見えないものの可視化」に基づいた新作約30点(グラフィック、映像、インスタレーション、立体)を発表。

TOLOT heuristic SHINONOME(東京都江東区/約400坪)にて3月10日(土)から29日(木)まで開催しています。




また、同展の開催に合わせ、作品集『GASBOOK33 YOSHIROTTEN』も刊行されます。YOSHIROTTENの作品集としては2冊目になり、過去作品から最近の作品までを収録しています。







YOSHIROTTEN(ヨシロットン)

東京をベースに活動するグラフィックアーティスト、アートディレクター。1983年生まれ。魚座。グラフィック、映像、立体、インスタレーション、音楽など、ジャンルを超えた様々な表現方法を用い、自然そしてまだ見ぬ未来の景色を主題とした作品を制作している。主な個展として、不思議な板を透過して現れる世界を描いた「ABYDOS」(東京 2012年)、水たまりに映った景色を、グラフィックとインスタレーションを用いて描いた「PUDDLE」(東京 2013年)、浮遊し重なりできる未来を描いた「FLOATING FUTURE」(ロンドン 2015年)などがある。また、グループ展「As We Collide」(ベルリン 2014年)にも参加している。グラフィックアーティストとして活動する傍、著名ミュージシャンのアートワーク製作、ファッションブランドへのグラフィック提供、企業、ブランドなどの広告制作、店舗空間デザインなど、アートディレクターとしても活動している。
http://www.yoshirotten.com

Tag

Writer