かのパブロ・ピカソも言いました。

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / apr.08.2018

「創造の全ての過程は、破壊の始まりである」
というのは、パブロ・ピカソ🎨の言葉。

いわゆる“クリエイティブ”なことをしてると、
「すごいね」って感心されたり👏、揶揄されたり👄するのだけど、
でも実はすごいことなんてないって思ってる🙃

大切なのは、
いますでにあるものの形🔵🔺🔸をどうやって変えるか。
だから必要なのは“いまあるもの”と向き合って、疑って、壊すこと💥

0から生み出すものじゃないんだって思うと、
“クリエイティブ”も違って感じるよね?

anna👩🏼
have a good day💁🏼‍💋

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

A.P.C.が2018年の春夏コレクションで披露したなかでも、特別なデニムアイテムが販売開始になったらしい。定番であるA.P.C. DENIMを材料とした、新たな4アイテムに注目。

A.P.C. DENIM SHOW PIECES


■BOLERO RAVEL ¥29,000+税 XS / S / M の3サイズ展開

A.P.C.の創設者でありデザイナーのジャン・トゥイトゥが、2018年春夏コレクションで披露したデニムのケープ、ジレ、エプロン、ロングコート。これらのアイテムがこのたびA.P.C.代官山FEMME、京都、福岡店で限定販売中です。

この4つのアイテムの背景にあるアイデアは非常にシンプルで、「改善するためにはパーツに戻す」。つまり、定番であるA.P.C. DENIMを一度バラバラに。更にポジティブでクリエイティブなものへと、ブルゾンがケープやジレに、ジーンズがエプロンに、ブルゾンとジーンズのセットアップがロングコートへと生まれ変わりました。

「破壊は終焉ではなく、別のなにかへの一歩になり得ます。また縫い直すと分かっているものの縫い目をほどいていくのは、何とも言えない満足感が得られます。"トライ&エラー"の精神でやり直しを続けることで、非常に興味深い結果に繋がる」と、ジャン・トゥイトゥは考えているのです。

そうして生まれたのが、この"do-it-yourself"スタイルの4アイテムです。

A.P.C. DENIM SHOW PIECES
展開店舗:代官山FEMME / 京都 / 福岡 3店舗限定販売


■CAPE VICKY ¥38,000+税 S / M の2サイズ展開


■MANTEAU CLINT ¥54,000+税 M のみ1サイズ展開


■TABLIER EUGENIE ¥36,000+税 M のみ1サイズ展開

Tag

Writer