女の子に着られない服はない

Contributed by anna magazine

Pick-up a day / jun.13.2018

女の子👱🏻‍♀️に着られない服は、ほぼない。
男の子👦に着られない服は、結構ある。
(厳密に言えば着られない服👚👖なんてないけれど、世間体とかなんとか、気にするとって意味で)

それなのにいつも男の子👦のファッションを追いかけている気がする。
パンクもミリタリーもノームコアも、
憧れ✨はいつも男の子👬のそばにあった。

「なんで“女の子らしい”格好👠をしなきゃいけないのかな」
なんて思いもあったのかもしれない。
あーあ。男とか、女とか、
いろんなことから自由になりたい❗
誰もが着たい服を着る、それだけなのにね🙌

anna🙍
have a good day💁💋

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→

スケーターファッションも男の子のもの? いや、「X-girl」がスケートボードウエアを出しちゃえば、女の子のものになったも当然。そうやって、違いがあるから生まれることを楽しみながらも、最終的には全部垣根をなくしていきたいんだ。

「X-girl」がブランド初のスケートボードウエアラインを発売


X-girlにとって初となるスケートボードウエアライン『#1 X-girl skateboards (ナンバーワン エックスガール スケートボード)』が全国の店舗、およびオンラインサイトで発売中だ。

ブランドがスタートした1994年当時に、創設者であるキム・ゴードンが掲げた、「X-girl is #1」というメッセージが描かれたフラッグから「#1(ナンバーワン)」と名づけられた本ライン。

鮮やかな色使いや花柄を取り入れたデザインに、リフレクターのパッチや機能素材、隠しポケットなど、スケートラインならではの、ギミックを取り入れたコレクション。素材やディティールにこだわり、ファッションを楽しみながらスケートをする女性のためのアイテム展開となっている。

ルックのモデルはニューヨークを拠点に活動するガールズ・スケート・クルー『The Skate Kitchen(ザ・スケート・キッチン)』。さらっと着こなすクールな彼女たちの、あどけない姿が印象的だ。



X-girl:http://www.x-girl.jp/
The Skate Kitchen:https://www.instagram.com/theskatekitchen/

Tag

Writer