777

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / jul.28.2018

コンビニの会計が7⃣7⃣7⃣だった

ラッキーセブンなんて全く意識していなかったけれど、その数字を見た瞬間なんだかツイてる気がしてきた💡
今日はいいことがあるかもってちょっと期待して、少しそわそわしながら1日を過ごしていた🙄

けれどもその日はなんてことない“いつもの日常“だった。

かわいい女の子との運命的な出会いがあるかも?!
難しいスケートのトリックがすんなり決まるかも?!
Eric Kostonに遭遇するかも?!
道端に100ドル札が落ちているかも?!

有る事無い事頭の中で妄想していたけれど、いいことがあるかもって意識しているだけで楽しくなってきた!!
7⃣7⃣7⃣という数字で、気分が上がるなんて単純だなって思うけれど、素直に嬉しい。
まだまだオレにも少年のような純粋な心が残っているみたいだ🧒

“いつもの日常“だったけれど、本当は気づいていないだけで、ラッキーなことって身の回りでたくさん起こっているのかも💡
当たり前のことが当たり前にできているってだけでも幸せなことなのかな💭

More later, my friends.

→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
7といえば77CIRCAがフレッドペリーとのカプセルコレクションを発表したらしい。
オリジナリティあふれる独自のデザインが全く新たなフレッドペリーの価値を想像しているように思うよ。



フレッドペリーが77CIRCA(ナナナナサーカ)をコラボレーターに迎えたカプセルコレクション’’FRED PERRY×77CIRCA’’がJOURNAL STANDARDにて販売中。

このコラボレーションは、スポーツとストリートがクロスオーバーしたフレッドペリーと、唯一無二の時代背景やパーソナリティを持つ古着を解体して再構築した1点もののウェアを手がける77CIRCAがそれぞれのカルチャーを反映したクリエイションをリスペクトし合い、実現したプロジェクトです。上記のコラボレーションアイテムに加え、今回、JOURNAL STANDARDのみ展開の特別モデルも加えたスペシャルなラインナップで展開。

■FRED PERRY×77CIRCA

英国サブカルチャー史に登場するフレッドペリーのブランドルーツアイテムをベースに、元々完成 していたプロダクトを解体して繋ぎ合わせ、モダンなデザインやシルエットにアレンジしたコレクション。
※全て1サイズ、ユニセックスの提案となっている。また、下記アイテムはJOURNAL STANDARD 表参道、新宿、大宮、横浜、金沢店のみの展開。


POLO SHIRT ¥28,000‐


SHIRT ¥33,000‐


V NECK KNIT ¥42,000‐


TRACK JACKET ¥45,000‐


L/S POLO SHIRT ¥34,000‐

■JOURNAL STANDARD EXCLUSIVE


T SHIRT ¥17,000‐


OXFORDSHIRT ¥33,000‐

【FRED PERRY / フレッドペリー】
1952年に、テニス界の英雄、ベストドレッサーoあった「フレデリック・ジョン・ベリー」の愛 称「フレッドペリー」がブランド名になり誕生。現在は様々なブランドとのコラボレーションを発表する等、革新性と伝統を持ち合わせています。ブランドマークには優勝メダルにレリーフ「月桂樹」を起用。今や世界的なブランドを確立。

【77CIRCA】
デザイナー森山直樹によりスタート。Circa:circa(サーカ)は「約」「およそ」「頃」を表すラテン語です。1977年前後に生まれた私たちは、私たちに共感していただける方々と共に、それぞれの背景、文化 を反映し、形を生み、選別し、リリースしている。

Tag

Writer