考えるな!感じろ!

Contributed by LUKE magazine

Pick-up a day / oct.12.2018

アート作品を見ながら
ふと思うことがある。
オレはこの作品の価値を
ちゃんと理解できているのだろうか? って。

そんなとき、あの人の言葉が頭をよぎるんだ。

「Don’t think. feel!」
考えるな! 感じろ!

頭でっかちになって
理屈をこねくり回すより
感じるんだ!

ねえ、Mr.リー。
アートを楽しむときも
同じなんだろ。

More later, my friends.
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
グローバル・ライフスタイルブランドRVCA(ルーカ)の2Fギャラリーで、Ben Horton(ベン・ホートン)の作品を展示。スケートボードのデッキに描いたグラフィックで注目を集めた彼の新作品をいち早く感じてみよう。

RVCA SHIBUYA GALLARY第四弾は
ベン・ホートンによる“PAST TENSE”


カリフォルニアに拠点を置き様々なアーティストにより命を吹き込まれたアパレルやアクセサリーを販売するグローバル・ライフスタイルブランドRVCA(ルーカ)が ”PAST TENSE by Ben Horton“ を10月12日(金)よりRVCA SHIBUYA GALLARYにて開催。

10月12日(金)からは第四弾としてBen Horton(ベン・ホートン)が来日しエキシビションを開催。「今回私がみなさんにご紹介する作品は、過去にあった古いアイディアに自分の中を通り過ぎた新たな考えを差し込んで、違う表現を再構築することを試みました。その結果に現れた色は、灰色でした。しかしその灰色領域の中で私は、過去、現在、未来への新たなる理解と共に出現する、亜新しい着想を発見しました。自分の中で常に、何かを追い求め続ける心持って制作した過去の作品を織り交ぜながら現在の作品とも融合し、19世紀、20世紀中盤の廃材や紙を使用したミックスメディアもあります。皆様に楽しんでいただけると光栄です」(Ben Horton)。

初日の12日(金)は、誰でも参加できるオープニングパーティーを開催。アーティスト本人も参加予定なのでお見逃しなく。

Ben Horton(ベン・ホートン)
15年以上ものスケーター人生を送っていた彼が、アーティストとして初めてその名を広めたのは、スケートボードのデッキに描いたグラフィックがきっかけ。彼の作品のアイディアは写真や彼自身の人生経験から作り出され、そこに描かれる深みや親しみ、そしてどこか懐かしさのあるキャラクターたちの持つ表情や視線はとてもリアルで見るものを不思議な感覚にする。中でも鳥をテーマにすることが多く、彼によって描き出された鳥たちはまるで息吹を吹き込まれたかのような躍動感溢れるものである。そしてまた画材にはこだわらず、アクリル絵の具やペンキ、インク、シャーペンなど身近にある物を使ってあらゆるものに作品を描くといった彼のアートへの開拓はこれからも注目すべきところだ。





◼概要
”PAST TENSE by Ben Horton“
【日程】
10月12日(金)〜10月 31日(水) 11:00〜20:00
※初日 18 : 30〜 21 : 30 にて誰でも参加できるレセプションパーティーを開催。
【場所】
RVCA SHIBUYA 2F(東京都渋谷区神宮前5-27-5 TOLDAビル)
【問い合わせ先】
contact@rvca-jp.com

Tag

Writer