HERSELF

Case.3: Chiaki Tanaka
Illustration: Youmi Chen

People / jan.25.2019

キャラクターやアイデンティティは大切だ。
でもその“自分自身”は、誰かから無意識に押し付けられたものになっていないだろうか?いま当てはめられている社会のカテゴライズから離れて「自分ってどんなひとだっけ?」と考えてみる。
自分で自分をまっすぐに見つめ直すのは難しくても、大好きな“あのこ”のなかにだったら見つけられるかもしれない……。


ここでは、自分が気になる作品のヒロインや、作中のセリフを通して浮かび上がる、いろんな“Herself”をご紹介します。




Case.3
田中千晶(アシスタントエディター)
×
ジェナ(映画『13 going on 30』)

——————————————————————


Q1. あなたにとってのヒロインは?
映画『13 going on 30』のジェナ。
13歳の誕生日を迎えたジェナは、大人の女性に憧れているんです。夢見るのはズバリ“30歳”。幼なじみのマットから、誕生日プレゼントとして「願いが叶う粉」をもらった彼女は、朝目覚めるとなんと憧れの30歳になっていたんです! 13歳のジェナは敏腕エディターとして順風満帆な生活を送る一方で、大人になり、13歳のころのような純粋な気持ちを忘れかけてしまう。憧れの仕事をしてるはずなのに、何かが違う…。そんなとき、ふと立ち止まって考える。
「本当に大切なものってなんだっけ?」
全ての「お仕事頑張るガール」に観てほしい、大好きな映画です。


Q2.彼女のどんな部分が自分と重なりますか?
「早く30歳になりたい」って思っているところ。
わたしは今23歳なんですけれど、専門学生のときからエディターのアシスタントをしていて、もうすぐ2年経ちます。わたしにとって、ジェナと同じように30歳は憧れなんですよね。

Q3.なぜ30歳が憧れなんですか?
中学生のとき学校の制服が大嫌いだったんです。「どうしてみんなと同じ格好をしなきゃいけないの?」って。「早く大人になって好きな服が着たい!」って思ったのがきっかけ。中学時代は息苦しくて、早く大人になりたいと、そればかり考えていたんです。私にとって30歳は、自由と自信の年齢。「生き急いでる」ってたまに言われるんですけど。(笑)

Q4.映画の中で心に残っているセリフを教えてください。

「わたし今欲しいものがあるの。ラズルよ。」


『ラズル』は、13歳のジェナが大好きなチューイング・キャンディ。食べ始めはキャンディ、噛むとガムになるアメリカのティーンが大好き(?)な夢のお菓子。大人になって、忘れかけていた子どものときの経験や気持ちが一番大切だって気付くシーンのセリフ。


Q5. なぜそのセリフを選んだんですか?
自分の中学生のときの悩みやコンプレックスが今の原動力になってるから。この言葉は、制服を着て窮屈な思いをしていた13歳の自分を思い出せるような気がするんです。以前、アルバイトで塾講師をやっていたことがあるんです。中高生の女の子と話す機会が多くて、あるときその子たちの読む雑誌を見せてもらったことがあって。そこに書いてあったのは、異性に“モテる”ことがいかに重要かとか、学校で周りから浮かないように“賢く”振舞う方法とか、「みんなに合わせる」ことが正義とされる記事ばかりだった。周りで起きるすべてのことが刺激になる多感な年齢のときこそ、「自分らしくいよう」って言ってあげるメディアが必要だって思ったんですよね。それで女子中高生向けのデジタルマガジン「TWIGS(ツィッグス)」を始めたんです。
「TWIGS(ツィッグス)」で伝えたいことは、女の子は他のだれかの目を気にして自分を隠したり、自分じゃない誰かのフリをしたり、本当に好きなことを諦めなくてもいいってこと。本当の自分を大切にしたい女の子たちが、日常のちょっとした悩み、大好きな趣味、もちろん不安な将来のこと…を一緒に悩んだり、みんなで考えながら表現できる場所にしたいですね。

——————————————————————





profile
田中千晶 Chiaki Tanaka(@chiaki785
アシスタントエディター・ライター・デジタルブランディングプランナー。
「女の子の自信」をコンセプトにした女子中高生向けのデジタルマガジン「TWIGS」主宰。名前の由来は、「他のみんなと同じように着飾る必要なんてない。自分自身をつくりあげることのほうがずっと楽しいわよ。」という、モデルTwiggyの言葉から。
twigsmag.com


illustration
Youmi Chen(@Youmi.chen
1986年生まれ。女子美術大学卒業後、化粧品会社で商品パッケージデザインに関わる。
2018年に独立し、デザインのほか映画・ミュージカルをテーマとしたイラストを数多く制作。
www.studionox-design.com

Tag

Writer