夏へ行ってきます

えもーしょん 大人篇 #44

夏へ行ってきます

2016~/カイト・大人

Contributed by Kaito Fukui

People / jul.16.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#44
「夏へ行ってきます」
(2016~/カイト・大人)

ハッ!と目が覚めてしまった。

ディズニーランドへ行く前日のドキドキ感。

いつぶりだろうか。

自粛、自粛で引きこもりのせいか。

どうした。

自分でもびっくりしている。

ボッーっと空を見ると

薄ら明るい。

何時? 4:00

「嘘だろう」

流石に早すぎる…。

荷物の準備はもう終わっているし

シャワーを浴びて飛び出すだけなのに…。

「朝ごはんでも買いに行くか」

寝ぼけたまま、靴を履いて

外へ出る。

まだ、少し寒い。

Tシャツにノーパンのパジャマのパンツ。

二の腕あたりが、特に冷たい。

コンビニに着くと

メロンパンと、おにぎりを手にした。

レジに並んでいる。

隣の棚の冷気がやはり冷たい。

これは、無理だ。

7月というのに、横にある

HOTコーナーから

冬によく飲む暖かいお茶のペットボトルを取った。

ボクの袋の中には

メロンパンと、おにぎり。

それから、暖かいお茶のペットボトル。

これだけ見れば、普通の冬の光景だ。

家に帰って、時計を見る。

あれ、結構時間経ったな。

時刻は5:00。

あと2時間もすれば予定の起床時間。

念の為と思い、メロンパンを片手に

バッグの中を広げる。

なにも変わらない、が

沖縄と思うとなにか足りないような

「うーん…」

座り込み悩む。

メロンパンはとうに食べ終わり

おにぎりも、あと一口くらい。

「いや、最低限はあるな」

「うん、大丈夫!」

と、自分に言い聞かせ

何事もなかったようにバッグへ戻した。

6:30

もういいだろう! そんな気がした。

少し早いがシャワーを浴びて

洋服に着替えて、バッグを持って飛び出す。

高速バスのバス停までは

電車に乗って向かう。

そっと、優しい風が吹く。

やっばり、少し冷たい。

駅に向かう道。

冷たい風に押されながら

遠くに見える。

椰子の木、ハイビスカス、真っ青な海。

夏へ、行ってきます。

続く。


アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer