Dirt Radio始めました!

Miyu Fukadaのわくわく脳内日記 #24

Dirt Radio始めました!

Contributed by Miyu Fukada

People / 2022.04.04

バルセロナから帰国し自身のアーカイブを目の当たりにして、次へのステップがフツフツと湧いてきた写真家Miyu Fukadaさん。納得の行く選択をし人生を選ぶ、彼女の脳内日記をお届け。

#24

先週はサーフィンの大会のお仕事で静岡へ。

カレーショップ。ドライカレーの上にカレー。カレーは白米が美味しいと実感した。

大会当日は晴れてTシャツ日和!


選手、関係者のみなさまお疲れ様でした。


帰路に着く前に念願の「さわやか」。


店員さんもさわやかだった。

徳島に住んでいる友達からルッコラの苗が届いた!早速サラダで。ご馳走様でした。

友達のさよと天麩羅の会の前に中目黒へお花見。満開!

連日のあいにくの雨で桜は散ってしまいそう、、、 
桜とともに見たいお寺が鎌倉にあったんだけどなあ。

ここは別のお寺。

おそらくこの連載を始めた頃からラジオを始めるって書いてたと思うんだけど、
3月から始めようと思っていたところ
タイミングが合わず 
やっと今月4月からON AIRです!

中高の頃、
英語の勉強のためにほぼ毎晩InterFMを聴いていた。
メッセージやリクエストなんかも送ってそれが読まれるとすっごい嬉しかったのを覚えている。

いつかラジオに出演したいとぼんやり思っていた夢はそれから10年以上たって実現した。
Shonan Beach FMで竹下由紀さんがナビゲーターを務める番組「General Radio」でゲスト出演した。
初ラジオで生放送ということもあり、緊張していた。
自分の声を後から聴いてイメージと全然違いすぎて自分の声がすごく嫌だったのを覚えている。
そのあとから何故かお仕事でMCを任されたりすることが多かった。 
5年ほど前まで約3年間ヨガを教えていた経験もあったため、だんだん人前で話すことに対する抵抗も薄れてきていた。

ライターとしてお仕事をさせてもらっているが、
やっぱり「話す」と言うのは全く違うし面白い。
考えたことをそのまま自分の声で届ける。
台本も何もないのでありのままの「私」が素っ裸で届くんだと思う。

このラジオのジングルを自分で録音して聴いた時
「いい声してるなあ!」
と始めて自分の声を受け入れる+好きになれた。

ラジオ局で実際にリアルなラジオ番組をもつ日が来るかはわからないけれど、
今はツールもあり自分でできちゃう時代。
だからとりあえずやってみようと思った。

初回のゲストは4、5年の仲で大切な友人、ケントに思い立って連絡して出演依頼をした。
あっさりOKしてくれた!

彼とは鎌倉のクラフトビール「ヨロッコビール」で働いていた時に出会ったんだけど、
20代はオーストラリアやノルウェーへワーホリ、その後の旅の話で本が書けそうなくらい本当にビックリするような面白い&衝撃な経験をしていて
彼の旅、そして人生の歩み方は良い意味で羨ましいというか、私にはない違う種類の度胸みたいなものを兼ね備えていて 
とても尊敬している友人の一人。

そんな彼が、私も6年前ほどにインドネシアで体験してきたヴィパッサナー瞑想から3月中旬に帰ってきた。
出会った時より確実に逞しくなっているケントと
瞑想での気づきや人生観について話をしているので暇な時、通勤中、料理中のBGM的な感じで軽い気持ちで聴いてみてほしい。

もしかしたら興味がなかったような内容にハッとしたり
自分の人生について考えるきっかけになったり
はたまた、全くつまらなかったと感じるかもしれない。

でもそれは全てとりあえず聴いてみるという行為の一歩を踏み出したときに身をもってできる体験。

ラジオ(podcast)を始めてみて改めて気付かされたのは
とりあえずやってみること
その一歩の重要さ。

それで嫌だったらやめればいいし
好きだったら続ければいい。

でも、まあ聴いても損はないと思うので。笑
聴いてみてね!

https://open.spotify.com/episode/487K7UpfyrOQvX95IajWb2?si=u8V-r01LSLagEYeJ70aHIg

ステッカーも今作ってるよ!お楽しみに。


アーカイブはこちら

Tag

Writer