恋ってなんだよ。

えもーしょん 中学生篇 #5

恋ってなんだよ。

2010〜2013 /カイト・中学生

Contributed by Kaito Fukui

People / dec.13.2019

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#5 「恋ってなんだよ」
(2010〜2013/カイト・中学生)

空は、すっかり暗くなり
オレンジのグラデーションから
濃く深い、青や紫のグラデーションに変わる。

ボクとノリは、まだ
そこを動く気は無かった。

何かを言いたそうにする、ノリ。

遂に彼は、禁断の言葉を口にする。

ノリ「恋って、好きって、なんだろうな。」

馬鹿野郎。

そんなの、13のボクらに
わかるわけがないだろう。

ボク「恋、してるの?」

さっきの質問を考えるから
単純な返ししか出てこない。

ノリ「おれ、恋してるのか?」

ボク「してるのか?」

ノリ「してるのか………。」

ボク「どう?恋」

ノリ「フルカラー。」

ボク「??????」

ボク「何それ、かっこいいね。」

ノリ「小説に書いてあった」

ボク「ボクはさ、好きな人と暮らしたり
、デートしたりする妄想するよ。それも恋?」

ノリ「それも、恋…………?」

ノリ「先生の話も、聞こえているけど聞こえないんだ。何をしていても、ボクがここに居ない感じがするんだ。」

ボク「……………。」

ノリ「もう、全部どうでもいいんだ。
なんでもいいんだ。」

ボク「ダメだろそれ。大丈夫か?」

ノリ「好きって言ってしまった方が楽かもしれないけれど……それはおれの都合だよな。」

ノリ「告白って自分勝手だよな」

ボク「妄想は、自由だぞ」

ノリ「この前、告白したんだ」

ボク「おぉ!!!!!!???」

ノリ「まだ、会って2回目だから。って断られた。」

ボク「何回ならいいの?」

ノリ「いや、そういうのじゃないよ」

ボク「そうか」

ノリは、なんだか少し楽になったようで
ボクのバカさに、笑っていた。

何もかも、どうでもよくなるなんて
13のボクには、病気にしか思えない。

彼は、今「恋の病」だ。

なかなか、辛そうだ。

でも、どこか楽しそうで
表情が豊かで、とても人間らしい。

それでも、結局
恋ってなんなんだ?と疑問に思って
聞いてみた。

ボク「結局さ、恋ってなんなの?」

ノリ「なんなんだろうな」

ノリ「好き。だけじゃないんだけど、好きなんだよな。好きの、進化系。好き好き。かな」

ボク「好き好きって…」

ボク「恋ってなんだよ。」

ボク「好きと恋は違うの?どうなの?」

ノリ「一緒だけど、違うよ。」

深いため息をつく2人。
綺麗な星と、光る月。

何も言わずに、起き上がる。

いつもの帰り道。

長く大きな坂を自転車で降る。

無心になって、ハッと
かなちゃんの顔が浮かんだ。

これが恋ってやつか?

アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇

Tag

Writer