くじらの空に

えもーしょん 大人篇 #30

くじらの空に

2016~/カイト・大人

Contributed by Kaito Fukui

People / may.15.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#30
「くじらの空に」
(2016~/カイト・大人)

ねぇ、くじらみたいだね。

夏の日の夕方

目黒川を歩く2人。

空には、大きな入道雲。

「あれはさ、ペガサス」

と、君。

「あれは、くじらかなぁ」

と、ボク。

「手、繋いでもいい?」

珍しく、君がそんなことを言う。

びっくりして、思わず

「へ!」

なんて、声が裏返ってしまったけど

笑って、そっと

ボクの手を包む君。

「手を繋いだ後、別れると凄い寂しくなるでしょう?」

「だから、なんか嫌なの」

「そ、そっかぁ」

「今日の夜ご飯はなにがいい?」

「サラダがいいな」

「この前の、本の表紙のも食べてみたいけど…」

「本の表紙…あれは少し時間がかかるよ…」

家に帰り

ご飯を作る君の後ろ姿に

鼻血が出そうになる。

「かいと〜オリーブオイル取って〜」

と、君。

「あ、あのちょ、ちょっと待って!」

いてて、となっているボク。

君がそんなにもかわいいから…。

「ねぇ! オリーブオイル!」

「ちょ、ちょっと、本当! ちょっと待って!」

と、必死に落ち着きたくとも

君が、そんなにもかわいいから…。

「もう! いい!」

「本当、ごめんね」

チラッと、ボクを見た君が

火を止めて、こっちにやってくる。

突然、ボクの上に乗り

キスする君。

「ん、唇にカサカサあるよ」

「取れるかな」

と、キスする君。

「取れた」

と、君。

鼻血が飛び出し

くじらの空へ飛んで行く。


アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer