Diecisiete

Miyu Fukadaのわくわく脳内日記 #16

Diecisiete

Contributed by Miyu Fukada

People / 2022.02.08

バルセロナから帰国し自身のアーカイブを目の当たりにして、次へのステップがフツフツと湧いてきた写真家Miyu Fukadaさん。納得の行く選択をし人生を選ぶ、彼女の脳内日記をお届け。

#16

今週は久しぶりに面白い映画を観た。


一ヶ月前ほどから観ていた「MR. ROBOT」の最後が
全然腑に落ちなくてすっきりしなかった今週。

NETFLIXでとりあえずスペイン語とワードを入れてヒットしたのが
Seventeen(スペイン語ではDiecisiete)という映画だった。


問題を繰り返し少年院に入れられる17才とそのお兄ちゃんの兄弟の物語。

お兄ちゃんのキャンパーであるものを探しに旅をしていくうちに、絆が深まっていく二人。
なんだか久しぶりに映画を観て泣いた。
そしてスペインを懐かしく思いを馳せた。


当の私は最近ゲットしたカブに振り回されていた。

ガソリンのメモリが異常に早く減るなと思ったら漏れていた。

NYの写真を買ってくれた人へ、バイクでお届けに行くと
バイクの調子がおかしい。

ちょうどバイクに詳しい人がさっきまでいたと言うので電話して
またその現場に来てくれた。

ガソリンはダダ漏れ。
それは3、40分で直してくれて問題なさそう。よかった。

と思った矢先。

「美佑ちゃん、普通自動免許だよね?」

「そうですー!なので50ccなんです」

「この黄色いナンバーccが違うやつだよ!」

え、、、、、

市役所に行ったのに!

と、まあ色々めんどくさいことがありその後市役所へ行き
無事手続きをし、白いナンバーに変更完了。

ふーーーーう。

世話が焼けるやつだな。


この影がすき。

また肉まんに挑戦。

餡は良いのだが、皮が改善必要。


さ、今日も天気がいいので外に行こうっと!


アーカイブはこちら

Tag

Writer