LUKE magazine再始動!

What's LUKE magazine ? #1

LUKE magazine再始動!

Contributed by LUKE magazine

People / jun.22.2020

6月15日(月)にanna magazineの兄弟誌LUKE magazineのKINDLE特別号 6MONTHS LATER. 「アフターコロナの僕たちへ。」が発売されました。(発売情報はこちら)「LUKE magazineってどんな雑誌?」と思われた方も多いかもしれません。そんな方にも、心待ちにしてくださった方にも、あらめてLUKE magazineのこれまでの歩みを振り返り、メディアのコンセプトからアーカイブ記事まで、全3回に分けて特集していきたいと思います。

第1弾は、LUKE magazineのコンセプトについてご紹介します。



メインコンセプトは、「Thirty-agers(サーティーンエイジャーズ)」。「Thirty-agers(サーティーンエイジャーズ)」とは30歳「Thirty」と10代「Teenage」を組み合わせた造語です。30代になっても、10代の頃のように夢を追う熱い気持ちを持ち続ける人や、自分の進むべき道を決めて日々ひたむきに努力を重ねる人たちのことを僕たちは「Thirty-agers」と名付けました。

20代は立ち止まることなく走り続けた日々だったけど、30代は一旦立ち止まってこれからの自分のことを真剣に考えるようになるタイミング。LUKE magazineはそんな30代真っ只中の人、これから30歳を迎える人たちに「30代って最高だ!」と思ってもらえるメディアを目指しています。

2018年7月に発売されたanna magazine Vol.11には、「Thirty-agers」のコンセプトやキャラクター設定をイラスト付きで掲載。この冊子の誌面を見ながらLUKE magzineがイメージする「Thirty-agers」像を解説していけたらと思います。


【9Characters】
1、家族を大切にする。
2、常に学ぶ心を忘れない。
3、夢を追い続ける。
4、新しい目標に挑戦する。
5、自分のからに閉じこもらない。
6、やることを途中で投げ出さない。
7、胸の内に秘めたものを持っている。
8、自己中心的じゃない。
9、差別はしない。

上記の9つがLUKE magazineが考える「Thirty-agers」の特徴。それぞれが熱い想いを持っていて、自分のことだけではなく、周りの人も大切にできるような人です。こんな人が身近にいたり、我こそは! という方がいたら、ぜひcontainer@mo-green.netまでご連絡ください!

次回は、この「Thirty-agers」のリアルを取材したインタビュー記事を特集していこうと思います。企業の一員として自分の生きるべき道をつらぬく人から、個人で夢を追いかけている人まで様々な「Thirty-agers」が登場。今30代を生きる人には勇気を、20代の人には「30代は面白い!」という夢を、40代の人には「今の30代もけっこう頑張ってる」と感じてもらえる熱いインタビューなので、ぜひチェックしてみてください!


----ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最新号では、様々な人々のアフターコロナの生き方を特集しています。もしLUKE magazineに興味を持った方は、ぜひKindleでダウンロードしてみてください。



<掲載者一覧>
山形県酒田市大沢地区地域おこし協力隊 阿部彩人  / 株式会社ネットマンCHO 稲葉大二郎 / クリエイティブディレクター 上野浩宜 / 天津飯店3代目 貝塚弘光 / 建築家 住友恵理 / ライター・編集者 徳永啓太 / プロサッカー選手 都倉賢 / ノマドワーカー 中村安衣 / 流しのビリヤニ 奈良岳 / ヘアメイクアップアーティスト 奈良裕也 / 建築家(NO ARCHITECTS) 西山広志 / ホサナカフェオーナー 波戸場ハンナ / モデル・女優 林田岬優 / 写真家 深田美佑 / 株式会社ヘラルボニー代表 松田崇弥・文登 / 英語通訳・翻訳家 三井翔 / みかん農家 若松優一朗 / THE NORTH FACE PR 鰐渕航 / 俳優・モデル バーンズ勇気 / ドローイングアーティスト SUGI / UNION TOKYOディレクター LONO BRAZIL Ⅲ

購入はこちら

Thirty-agersのアーカイブはこちら。

Tag

Writer