なんだこれ

えもーしょん 大人篇 #43

なんだこれ

2016~/カイト・大人

Contributed by Kaito Fukui

People / jul.15.2020

プロサーファーの夢をあきらめ、今はイラストレーターとして活躍するKaito Fukuiさん。小学生から大人になるまでのエモーショナルな日々をコミックとエッセイで綴ります。幼い頃から現在に至るまでの、時にほっこり、時に楽しく、時に少しいじわるで、そしてセンチメンタルな気分に包まれる、パーソナルでカラフルな物語。

小学生篇、中学生篇、高校生篇、大人篇。1ヶ月の4週を時期ごとに区切り、ウィークデイはほぼ毎日更新!



#43
「なんだこれ」
(2016~/カイト・大人)

クーラーが効きすぎた。

本屋さん

旅コーナーの本棚の間。

わがままボディのサラリーマンと

一冊しか見当たらない。

沖縄の観光ブックを

2人で眺めていた。

どうも、互いに取りづらく

ボクは隣の鹿児島。

おじさんは、隣の宮崎を

しばらくして、宮崎を棚に戻したおじさんは

チラッとボクを見た。

「あ、どうぞ、どうぞ」

と、ボク。

沖縄じゃないですよ

鹿児島も候補の1つですよ。

なんて、思わせている。

「いえいえいえ、どうぞどうぞ」

と、気を使うおじさん。

「いや、すみません。どうぞ」

なにが、すみません?

よくわからないまま、とりあえず謝り

沖縄を譲る。

「いえ、どうぞ」

少し、冷たい様子で

いいから、取れよ。

そう言われたようで

「あ、すみません。ありがとうございます」

と謝り、お礼をして

ボクは沖縄を手にした。

ペラペラと、ページをめくり

どこか、違和感を感じる。

写真ひとつ、切り取っても

どうも、古い気がするのだ。

「沖縄ってタピオカないの?」

心の底の方から声がした。

「あ、確かに」

そうだ、こんなにブームになって

そんなに、すぐになくなるわけがない。

ペラペラと、再びページをめくる。

うん、どうも出てこない。

「本当に沖縄?」

表紙を見ても、確かに大きく

「沖縄」

と、書いてある。

「なんか、違うのかなぁ…」

裏表紙

2015年発行。

「そりゃそうだ」

「そりゃ、古いわけだ」

そもそも、古本屋さんに来たのが間違いか?

「そうだね」

独り言をぶつくさと吐きながら

入り口の付近で

本を呼んでいた、さっきのおじさんに

軽く、会釈をしすれ違い様に

「上にあるのは、昔のだよ」

と、心の中で伝えた。

恐らく、伝わっているだろう。

伝わっていて欲しい。

このおじさんも、同じ時間を過ごすのか…。

そんな事を思いながら

向かいの普通の本屋さんへ入る。

旅コーナーへ向かうと

うん、やっぱり綺麗な高画質の写真。

表紙にもしっかり、タピオカの写真が。

沖縄、沖縄。

なんと、沖縄だけでも3冊あるではないか。

一際、輝いていたのは

「沖縄 完全版 2021!」

ん?

なにかまた、違和感が。

「沖縄 完全版 2021!」

2021!?

「来年じゃん!」

思わず、声が出てしまった。

しかし、すぐに

「あれ、今年何年?」

と、恥じる前に自分を疑った。

「沖縄 完全版 2021」

から、一歩横にずれて

「今年 何年」

と検索

GOOGLEには、しっかりと

2020年と書かれている。

やはり、そうだ

2020年だ。

オリンピックイヤーだもの。

間違えるはずはないさ。

さて、これはどうしたことか

「沖縄 完全版 2021」

2021年を迎える前に完全版になってしまった。

この本を見るべきか、見ぬべきか。

そもそも、発行後に

出来たお店が、バズった場合はどうするのか?

小さな、疑問が次から次へと出てくる。

見れるか、ボケ。

と、普通の沖縄ガイドブック手に

お店を出る。

帰りの道は、やはり

「沖縄 完全版 2021」

が、気になってしょうがない。

なぜか、ムカついてきた…。

続く。


アーカイブはこちら。
小学生篇
中学生篇
高校生篇
大人篇

Tag

Writer